12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-01 (Thu)
 ぶらりと市場で見かけた花束は「バイトーイ」と呼ばれるタイハーブで作られたバラ♪
見た目には蘭の葉に似た細尖系の葉で、煮出すと鮮やかなレモングリーンの色彩を出すことからよく食料の着色にも使われるものです。
       004 (63)
 ちなみにこの「バイトーイ」お味は馴染みやすく”肌荒れにも効く”と言われることからお茶としても人気者。よく漢方屋さんではレモングラスの茎茶とブレンドされて販売されています。
それにしてもこの花束。タイの方は手先の器用な人々なので、きっとこんなに沢山のバラもあっという間に作られたのでしょうね。
       003 (87)
スポンサーサイト
| タイの花 | COM(0) |
2010-03-19 (Fri)
 ふと見かけたハイビスカスは、こんな鮮やかな2色のグラデーション♪
       230 (63)
 自然界はどうしてこんなにも美しいものを生み出せるのでしょうね。
       233 (63)
| タイの花 | COM(0) |
2010-03-12 (Fri)
 こう毎日暑くて「気温37℃」と聞くとグッタリしてしまう熱気のバンコクですと、いっそ水でも
被ってマラカスでも鳴らしながら踊り狂いたくなりますね・・・な~んて、そんなお話しではなく。
実はルンピニ公園の門の脇に見つけたこちらの木の話し。
               224 (6385)

          クレスセンティア・アラタ (Crescentia alata)
                ノウゼンカズラ科クレスセンティア属 常緑高木
 たぶんバンコクに数年住んでいらっしゃるお方は一度はご覧になったことのある、幹に大っきな黄緑色の実をつけるこの木。この実こそあの「マラカス」の原料なのですね。
       222 (63)
 それにしても幹からは細い枝も沢山広がっていますのに、何故にこんな太い幹に実を生らすのでしょうか。近寄ってみれば花もイッパイ!・・・ちょっと異様な感じ
       225 (63)
 地面を向いて開く花は下から覗かないと中が見えません。
       204 (63)
 他には見ない珍しい光景。
       205 (63)
 役目をはたして芝生に落ちた花弁の印象的な黄色と小豆色。
                226 (6363)
| タイの花 | COM(0) |
2010-03-11 (Thu)
 最近夜の11時ごろにメチャメチャ大きな声でセミが鳴いていて・・・こう毎日暑いと外出は冷房のあるタクシーに頼りがちですがそれも不健康なので、予定のない今日は外でも歩こうかと・・・
と、出会ったのはこんなに美しい垣根♪
       090(63).jpg
 ブーゲンビリアってこのピンクや白い苞を花ビラだと思っている方がありますが、バナナの赤い苞と同じようにこれは花ではなく、その中に小っちゃく見える白いお花が花ですよ~
       092 (63)
 ピンクの苞と白い小花のコントラストが何とも綺麗!
       095(63).jpg
 よく見たら2色コンビの苞も。
       097 (63)
 暑いけど、見慣れてるけど、でもやっぱり立ち止まって見ると楽し。
       098 (63)
 満開!
                102 (6363)
 他にも様々なお花が強い日差しにも負けず、鮮やかな色彩を放っていまして。
       084 (63)

083 (6363.) 087 (6363)

       081 (63)
 ちなみにこの花、タイでは食用です♪
                 079 (6363)
| タイの花 | COM(0) |
2010-02-27 (Sat)
 裏道を通りぬけようとしたら、花ざかりの一本のスターフルーツの木が♪
       174 (63)
 風に揺られて漂う甘い香り。
       157 (63)
 スクムビットの住宅地にもこうしてキレイな花を咲かせているんですね。
       162 (63.)
 暑い日差しもなんのその。
       167 (63.)
 花の蜜がタップリな様で、小さな蜂がいっぱい飛び交っていました。
       169 (63)
 何だかちょっと幸せな気分♪
| タイの花 | COM(0) |
2010-02-17 (Wed)
 今日はまだ気温が上がる前の時間に、ちょっと散歩♪
              049 (69)
 空はいつものごとく青く澄み渡り。
       045 (63)
 ・・・とコレは「ノニの実」発見!!
「免疫力の向上」「抗菌作用」「自然治癒力up」などと言われることから、タイでも王室プロジェクトや健康食品ではよくそのジュースを見かけます。しかし友達にもススメられ「ホンマかいな」と
飲んだことがありますが・・・ コレ飲んで健康を害しそうなお味(!!)で・・・(プレーン100%)
       041 (63)
 よく見るとお花も!!全部の蕾が一気に咲くことはないのでしょうかね?何だか線香花火みたいで可愛らしかったですよ~♪
       044 (63)
| タイの花 | COM(0) |
2010-02-06 (Sat)
 今度はお向かいの農家さんへお邪魔しまして♪
       146 (63)
 同じようにチャオプラヤー河の水を運んだ水路に囲まれた畝へと小舟を出します。
133 (6363) 132 (6363)
 一本目の畝に上るとそこには立派はタマリンドの木が♪ 今の季節ウチの近所でもタマリンドの実のなる木は沢山見かけますが、こちらは大きく食べ応えのありそうな房。
128 (6363) 130 (6363.)
 以前日本のお友達にもお贈りしました「タマリンドチップス」。その間に挟まれた甘酸っぱいペーストこそこのタマリンドなのです。
       120 (63)
 お隣の畝に移ると、目の前には大きなグアバの木。
       164 (63)
 お花と未熟果はこんな可愛らしいもの。
191 (6363) 193 (6363)
 そっと新聞の隙間を覗くとビニールで守られたグアバの実。遠くの畝では農薬散布をしていますが、この様にビニールで包まれていれば枝葉の害虫は駆除でき実には農薬が掛からず、安心
して皮ごと食べられますね。
       161 (63)
 お好きなだけ捥いでどうぞ♪ とのお話に新聞紙をはずすとこんな大きく美味しそうな実が!
       209 (63)
 どれにしようかな~とゆっくり品定めする私の横で、どんどん球拾い競争の様な勢いで捥いでいくタイの方。もうちょっと大きくなるまで育てた方がいいのでは・・・あ、そう。マイペンライですか。
        222 (66)
 グアバに虫が寄らないように・・・か、木の足元には唐辛子が植えられています。でもよく見ると小さな未熟の青い唐辛子は上に向かってツンツン生えていますが、大きく育ったもの、または
オレンジや赤くなったものは下向きに。なんだか面白い♪ 興味津津。
189 (6363) 186 (6363)
 さてさて行きはヨイヨイ帰りは・・・お家の近くで収穫したものの、帰りは水路が一方通行なため3辺を漕いで帰らねばならず・・・午後の3時の日差しはまだまだ強く、その内一緒に漕いでたタイの方の手元の携帯が鳴り!!
七夕で短冊ぶら下げる程の頼りない竹をしかと握り、借りた麦わら帽を深く被り、必死で漕ぐ
ワタシ。まだまだお家は見えませ~ん!!!
179 (6363) 182 (6363)
| タイの花 | COM(0) |
2010-02-06 (Sat)
 本日はホントは違う予定を入れてた午後でしたが、ひょんなことから農家さんの畑を訪問する
ことに!!
以前から「友達が△※▼×でソムオー(みかん)を△※○ってるから×▲◎?」と言われており、難しいタイ語はよく分からないけど面白そうなので「ヨロシク~♪」などとお答えしてたら「今日は?」と。
”市場で売り子をしてる”と言っているのかと思ったら、到着して判明”市場に卸してる”でした。
こんな日に限ってノースリーブにスカートにサンダル履き、おまけに顔しか日焼け止めもしておらず・・・でもでもそれ以上にこんなワクワクするお誘いです♪♪

        パトゥムタニ県 จังหวัด(県)ปทุม(蓮の)ธานี(街)
 バンコクから北に車で一時間走った所に位置し、チャオプラヤー河流域のこの地は豊かな水の恩恵によって様々な農作物が実る土地。嘗てその河口に咲き乱れた蓮の花をラマ二世に送ったことから「蓮の街」という名前を賜り、今も「パトゥムタニー県」と呼ばれています。

細い支流の小川を渡って門をくぐると中央に母屋を構え、その向かいには広い畑が広がっており
       051 (63)
 この地方の畑の特徴は、細長い畝が川の字に並び、その周りを囲む農業用水路があること。
日本ではあまり見たことのない風景です。
       053 (63)
 畑や棚の野菜を収穫するにはステンレスの小船に乗って水路を渡ります。ボクがご案内しましょう!とばかりに先頭に乗り込む犬も、頬をかすむ微風にご満悦な様子♪
059 (6363) 066 (6370)
 畝の一つに上がってみると、水路の水をたっぷりと含んだ土地はかなりの湿り気で、サンダルのかかとがめり込む柔らかさ。そこに腰丈の茄子の苗が点々と植えられています。
086 (6363) 078 (6363)
 日の光を浴び艶やかに輝く茄子は、甘みタップリで私好みの黄緑の長茄子♪ 美味しそう~!
       075 (63)
 2色の花は接ぎ木の印。茄子の他にキュウリやトマトなどは病気への抵抗力をつけるため
別の植物(カボチャなど)を台木にして育てます。この茄子の台木が何かはお聞きしませんでしたが、お花を見ながらそんなことを思い出しまして。
085 (6363) 073 (6363)
 いっぱい収穫したあとは船に戻り場所を移動。船に戻るにも足元が緩んでいて、おまけにユラユラする船に定めをつけて降りるもやっと。水路に落ちないように恐る恐る。。。
       087 (63)
 畝と畝とを繋ぐ天井にはアーチ状にトカドヘチマ(十角糸瓜)の棚が。
小船の上に立てばちょうど糸瓜が目の前にぶら下がり簡単に取れます。お店で見るより野性的で鋭角な菱のトカドヘチマ。
あ!!・・・気持ち良さそうに泳ぎ出すワン公!!でも”お願いだからその身体でこの船に乗り込まないでね~!!”とこっちはハラハラ。
095 (6363) 093 (6363)
 どの一本も瑞々しく張りがあって美味しそう♪
       097 (63)
 無事に一軒目の見学が終わりまして…さあお次
       105 (63)
| タイの花 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。