123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-04 (Fri)
 ある日、市内から1時間ほどのイベント会場に向かう車中、何やらタクシーの調子が思わしく
なく、高速道路を何度か停車し点検し。。。
273(6363).jpg 271(6363).jpg
 応急処置で車中のペットボトルの水を足し、何本も足し、お友達の飲みかけ飲料水まで足し・・・
しかしよく見ると管から水漏れが・・・ 何人か駆けつけてくれた警官もこれは修理工場に運ぶ
しかないというお顔。別のタクシー会社ではありますが親切に止まってくれた運転手さんも自分のストック水を持ってきてくれますが埒が明かず。
       274(63).jpg
 結局、我々は別のタクシーに乗り換えることになりましたが、気の毒なのはこの運転手さん。
このタクシーはどうやらレンタルらしく、日中~16時までのレンタル料は600バーツ。
しかし私たちが乗車するまでの売り上げはまだ200バーツしかなかったようで、このままタクシーの修理に時間がかかり16時までに売り上げがなければ今日は400バーツの赤字だとか。

「しょうがない」と笑って諦める運転手さんですが、市内を走っていればすぐに修理工場に運べただろうにな~と思うと少し申し訳ない気持ちでした。
       270(63).jpg
 ちなみに・・・ 運転手さんにお気の毒料をお渡ししてた心優しいタイ人の友は”こういうことは
しょっちゅうよ”と笑顔。空車のタクシーが通りかからなければ歩いて行かなければならなかったわね・・・とホッとする私に、「そしたらポリスカー(バイク)の後ろに乗せてもらって行くわぁ~」と(!!)サバ~イサバ~イ。天晴れな明るさです。
スポンサーサイト
| タイの乗り物 | COM(0) |
2008-08-26 (Tue)
 このバンコクにBTS(電車)や地下鉄ができたことで道路事情も変わり渋滞もかなり解消されたと聞きますが、それでもたまに車が前に進まず悩まされる日も。
 先日は通常車で10分のところ「今日はイギリス大使館前が混み合っているから40分はかかるよ」とタクシーの運転手さん。まさかそこまではかからぬだろうとそのまま乗っていると、10分後、やはり50mくらいしか進んでおらず・・・。どうやら反政府勢力のデモ活動の影響だったのだと。
行き先を変更して正解。危ない・・・危ないです。
       RIMG1462 (2)
 だいたい道の混み合う地域、時間帯、曜日などには慣れてきて先は読めるようになってきましたが、国の動きが不安定で、政府への圧力などいろんな集団の影響もある今日この頃。
今朝も国有TV局に約40人の武装勢力が乱入して捕まったり。数十万人規模の集会・デモ行進を予想されていたとの報道を聞いたり。
       RIMG1485 (2)
 大使館からの情報は必ず目を通しておりますが、ニュースなどの情報に頼りすぎず、街の空気の変化も敏感に感じ分けすぐに危険から離れる判断力を持って暮らさなねばと、改めて身を引き締めるこの頃です。 
       RIMG1482 (2)

| タイの乗り物 | COM(2) |
2008-08-06 (Wed)
 バンコク市内にはチャオプラヤー川と支流とが流れており、”船通勤”の方もある街です。
自宅の近所を流れる支流の船もまだ乗ったことがないのですが、今回は外出先がチャオプラヤー川の畔ということもあり、慣れたお友達に案内してもらい船に乗って帰ることにしました。

 場所は「カオサン」。外国人観光客も多く泊まる宿場町。小道を幾度も曲がりくねり、ここは  はぐれては大変です。暫く歩くと細道の一角に下げられた目印の看板、発見。
       039 (2)
 さすがお友達!方向音痴な私には決して行きつけない場所です。
       038 (2)
 待合場を抜けて切符を購入し、船着き場へと向かいます。
       040 (4)
 この川はどの船着場にも通し番号がつけてあり、始発は30番の「Nonthaburi」。
今回は途中13番「Phra Arthit(上流のピンク●)」から乗船し、終点「Sathorn(下流のピンク●)」までの船旅です。
       002 (3)
 料金は片道22バーツ(73円くらい)
       043 (2)
 こちらが本日乗りました船。客室も広くて立派です。
しかし川の水を覗けば濁ったお色。。。これでは川に棲む魚やカメやワニを見ることは望めそうにありません。残念。。。
       048 (2)

       051 (2)
 船の中では終始外に見える建物の説明が聞けて、今まで陸の上から眺めていた景色の目線が変わる愉しみを堪能しました。
       054 (3)
 エメラルド寺院の上には青く晴れた空♪
       056 (2)
 暁の寺。。。ワット・アルン
       057 (2)
 30分前後の小旅行ののち無事「Sathorn」駅へと着きました。
       067 (2)
 普段は都市の中でも殆ど東~中央エリア内でバスや電車での移動の暮らし。しかしたまには こうした電車の走らぬ西エリアへも足を運ぶと、全く違った世界の広がるこのバンコクでした。
| タイの乗り物 | COM(0) |
2008-07-09 (Wed)
 5月までは近所の学校とスーパーと家との行き来で過ごすことの多い生活でしたので、なかなかバスに乗るチャンスがありませんでしたが、6月に入りチットロムにある”ランスワン通り”にて  タイ語を習い始めやっと念願のバス通学。

 まず停留所で待ち乗りたいバスが近づいて来たら、タクシーと同じ要領で手を上げ止めます。
うっかり自己主張が弱く運転手さんに気付かれないと、あっさり通過。またまた通過。ボンヤリ  していても車の方から止まってくれる日本とは違います。
       RIMG2856 (2)

 乗ったらまず重心を低く(?)とりあえず足元確保!
タイ人はのんびりしているイメージが強いのですが、このバス、乗車したとたん扉を閉めながら急発進します。先日は一番最後に乗ったら扉が閉まる前にいきなり走り出し、ステップの一番上段で思いっきり前のめりにひっくり返り、ビックリ。唖然。呆然。お・・・落ちなくてよかった・・・
何しろ注意が必要です。

 バスは大きく分けて二種類、乗車距離によって料金が違う「エアコンつきバス」と一律料金の   「エアコンなしバス」があります。
料金は日本や中国と違って車掌さん(?)の女性に手渡しでの支払い。
この車掌さん、乗車してきた人を常に確認していて発車すると乗客のところまでわざわざ来てくださいます。
       050 (2)

 料金&切符入れの箱を見せて下さいました。
       RIMG2849 (2)

 エアコンバスにはある乗車距離によって異なる6種類の切符ロール。
ちなみにこちらは19・20・23バーツの切符。
       RIMG2850 (2)

 行き先を告げて支払い切符を受け取ります。道中静かなバスもあれば、車によっては(運転手さんの好み?)やけに明るい音楽がかかっている時も♪
       RIMG2852 (2)

 降りる合図のベル。ちなみに電車の様に「次は○○○駅」みたいな車内アナウンスは無いので、自分で頃合いを見計らって押します。
       RIMG2900 (2)

 「プロンポン」駅付近のバス停。
       RIMG2854 (2)

 バス停脇に設置されている待合所の上部には停車バスの番号が掲示されています。
       RIMG2867 (2)

 バスの種類 「エアコンつきのバス」
RIMG2873 (2) RIMG2857 (4)

 同じ行き先のバスでも車体の色は様々な場合も(乗りたいバスは番号で覚える)
RIMG2847 (3) RIMG2863 (3)

 両方「サムローン」発のバス。しかしフロントガラスの右下に置かれたプレートの色によって、  青:始発「サムローン」から終点「ランシット」まで全てのコースを走行する車。 赤:「サムローン」から路線内一部の区間まで(バンケーンorチャトチャック公園or戦勝記念塔)のみの走行車(行   き先はプレートに表示)・・・と微妙に分かれています。
RIMG2871 (4) RIMG2876 (4)

 以下「エアコンなしのバス」 料金が一律なので車体に運賃が印刷されている場合も。
こちらはフロントガラス下に「8バーツ」の文字。
RIMG2845 (7) RIMG2845 (2)

 車体脇に「NGV」表示が。こちらは天然ガスを燃料としているバス。
RIMG2864 (3) RIMG2865 (3)

 同じ車体でも行き先違い。危ない危ない!乗り間違えないように。。。
RIMG2846 (3) RIMG2860 (3)

 色んなバスが走っています。 
RIMG2866 (3) RIMG2861 (3)

この他にも空港まで走るバスや市内を走るバスの種類は沢山。少しずつ範囲を広げ、より快適な生活をしていきたいと思います♪
バンコクのバスマップサイト】http://www.bangkok-busmap.com/
| タイの乗り物 | COM(5) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。