12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-03 (Mon)
               【 สวนเบญจกิติ】 ~ ベンジャキティ公園 ~
 アソーク交差点からシリキットコンベンションセンターへ向かう道路と並行した公園がコチラ。
シリキット王妃の72歳の誕生を祝って2004年に造られた公園です。
中央に楕円に広がる池を囲みマラソンとサイクリングコースが設けられ、その脇の敷地にはタイの文学に出てくる歴史的な樹木やタイ全土から集められた貴重な植物が栽培されています。
       109 (63)
 近所に住みよく散歩に来るお友達はこちらのお馴染みさん。珍しい植物を見せたいと連れて
来てくれました。早速目に入ってきたのはこの「ハイビスカス」。
337 (6363) 341 (6363)
 ハイビスカスって赤いのしか知りませんでしたが、ここは今まで見たこともない色や形ものもありとても綺麗。
327 (6363) 331 (6363)
 こちらは「オウコチョウ」黄色い胡蝶という名の花。甘い蜜が特徴で虫が沢山集まるのだと。
294(6363).jpg ベンジャキティ(6363)
 甘い香りの「プルメリア」。ここはまだ木が若いので顔を近づけて花の香りを楽しめます。
306 (6363) 299 (6363)
 ホラこんな近くに。
       291 (63)
 この瞬間!絶対リスと目が合ったと思うんです。冷たい水で腕だけでも流し汗を抑えましょう。
351 (6363) 408 (6363)
 この花は。。。この木は。。。とお友達はとても詳しい。しかしタイ語の植物の名前は難しく。
メモを取らないととても覚えることはできません。。。また今度。
356 (6363) 358 (6363)
 見上げると高い枝から無数の白い花が雪のように舞ってきます。
       404 (63)
 こんな小さな花。でも上ばかり見ているとサイクリングの自転車が来るので気をつけて。
382(6363).jpg 376 (6363)
 人物に対してこんなに太い幹の木が、日中の暑い日差しを遮ってくれます。この日は風も流れており私たちにもいい散歩日和でした。
       437 (63)
 池のほとりを歩いて行くと人が集まっています。何がいるのかしら?
       414 (63)
 大っきく鼻の穴を膨らましてきたのはお友達曰く日本のカメ。頬っぺが赤く全体に小さく、尻尾が長いのが特徴で、タイのカメは大きく尻尾が短いのだと。
この池には魚も沢山棲んでいて、こちらの方々のあげるキュウリやチンゲン菜に群がって勢いよく食べています。タイでは生物に自分のものを施し「タンブン」だと考える人もありますし、「いっぱい食べて、大きくな~れ」と怪しげな冗談を交わす人も♪
177 (7263) 429 (6363)
 お友達が突っついてもの~んびり佇む何ともおおらかなタイのカメ。それに比べてチョコチョコ
泳ぎ回り、あっという間に見えなくなってしまった日本のカメ・・・なんだか対称的です。
       425 (63)
 暫く賑やかな人間界の雰囲気を愉しむと(たぶん♪)、静かにどこかへ泳ぎ去って行きました。
       426 (63)
 池に注意!
                 433 (6363)
 バンコクのスクムビットの中央に位置する憩いの場、この日も涼しい風の吹き始める5時頃から老若男女スポーツウエアーに身を包んだ人々がどんどん集まり、公園を何周も回って運動していました。
       411 (63)
 正門はアソーク交差点側とシリキットコンベンションセンター側に2か所。しかし朝と夕方だけ
小門も開きます。園内は動物や喫煙は禁止。みんなで綺麗に利用する公園です。
                 108 (6363)
スポンサーサイト
| タイの公園 | COM(0) |
2009-01-21 (Wed)
 ここのところ夢中になっている本がありまして、気がつけば室内で一日中読書・・・という日も多々。お家にいるとどうしても気になってしょうがないその続きなので、友人に頂きましたお茶をもって公園へ。
 台湾台北の包種茶は最も好きな花の香り、木陰の風が気持よく、ついついまた本の世界に取り込まれていると気がつけばもう夕暮れ。今日のベンジャシリ公園の空に広がる黄昏の美しさは格別でした。
            136(63).jpg

       132(63).jpg
| タイの公園 | COM(0) |
2008-11-18 (Tue)
 今日は地下鉄シーロム駅脇にあります「ルンピニ公園」へお散歩です。年間でも比較的涼しいとされるこの時期、しかしまだまだ日中日の差す時間帯は10分歩けば汗ばむ気温ですので、
本日は公園の北西に位置する池の周りの探索を目的として行きましょう。
159 (3) 153 (3)
 この公園の名前「ルンピニ」とは仏教での4大聖地(釈迦が生まれたルンピニ(ネパール)・釈迦が悟りを開いたブッダガヤ(インド)・釈迦が最初の説法を行なったサールナート(インド)・釈迦が入滅したクシナガラ(インド))のルンピニからとられたもの。元は王室の土地であったこの地をラマ6世が博覧会の開催地として提供されたことから、後のこの公園ができたのだそうです。
       062 (2)
 緑溢れる景色の中でのランチ。先ほどカルフールで焼きそば(10バーツ・33円)とサラダ、果物を買って来ました。焼きそばは味見して買えばよかった。甘いマヨネーズ味でちょっと失敗。。。
人参サラダの下にはパイナップル・ドラゴンフルーツ・ハミウリ・ナタデココがたっぷり♪木陰は背後から涼しい風が絶え間なく吹いてきて、とても心地よく昼寝もしたい気分。満足、満足~
       065 (2)
 右手の岸辺、あの軍服のお兄さんは先ほどからずっとこの姿勢で何かを見つめしゃがみ込んでいます。
       077 (2)
 後ほど近寄って見ると、先日みたあのオオトカゲ。 旅行客の二人も大はしゃぎ。
088 (2) 079 (2)
 よくよく見ると公園の池の縁にはあのオオトカゲがいっぱい(もしかしたらこの公園にいる人間よりもトカゲの数の方が多いかも)。姿から見ると獰猛な印象ですが、満腹時はいたっておとなしく、これだけ近づいても威嚇もせずのんびりと日光浴しています。
       103 (2)
 のんびりさんの体は1mくらい。尻尾が体よりも長くて1.3mくらい。体長は2mを軽く越しますね。
097 (4) 095 (2)
 あっ!! 何気なく左側を見たら、目の前に陸に上がろうとしていたオオトカゲ!
彼も私をみてUターン。さすがにちょっと固まりました(頭は小さいのですが体は大きいのです)!
121 (3) 104 (2)
 しかし土地の人は慣れたもんで、トカゲなど気にせず芝生で昼寝。
       107 (3)
 よく見ると個性も様々。たまにはこんなバンコクの一面に触れる日も楽しいものです。
116 (3) 113 (2) 

130 (3) 108 (3)
| タイの公園 | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。