12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-10 (Sat)
 本日は自然派食品や健康グッズで有名な「Khao Kho Palaypu」店にてのランチで、自社農園栽培の珍しいハーブに出会えた嬉しいものでした。
手前にあるサラダは一般タイ料理。レモングラスがベースとなり豆腐・紫玉ねぎ・干しエビなどが和えられたもの。しかしこの店の特徴はそこに後ろの皿のハーブ全てを混ぜるコト。
咀嚼ごとに様々な香りが生まれハーブ好きにはたまらない一皿で♪
             019 (63)
 こちらがそのハーブ。ピーナッツとニンニクの他、ひと塊りに見える葉物も実は5種類の香菜が。
      028 (63)
              【 ผักแผ่วแดง 】(パック・コム・デーン)
 この紅アマランサスのポリフェノールたっぷりな天然色素は、料理も華やぐ美しさですが
驚くことはその生葉の栄養価。 鉄分はトマト14倍・ホウレンソウ2.4倍、カルシウムはトマト41倍・きゅうり32倍、またビタミンCもトマト2.5倍も含むのだそうで「熱帯のほうれん草」とも呼ばれているのだと♪
       027 (63)
 こちらは【 แป๊งตัมปึง】(ペータムプム)と【 สันผ้าหอม】(サンハーホーン)という名の
香菜。
021 (6363) 025 (7063)
 こちらは【 ผักเผ็ดู】パック・ペット)と【 มิ้น】(ミント)。バンコクでよく見かけるミントは
赤い茎で細かな襞の入った「スペアミント」が主流ですが「ジャパニーズミント」らしきこの葉も一枚で十分な爽快感。
023 (7063) 026 (6363)
 この店ではエビ味噌飯にもこの新鮮ハーブが付け合わせに♪ こちらもご一緒した皆さまにも
好評な一皿でした♪
今まで様々な店でタイ風混ぜご飯をいただきましたが、どれも美味しく
ナムプリック・ト-ン・ルーア)(カーウ・クルッ・ガピ)そんな中で味付け飯の風味に負けない生ハーブの香りを生かしたこの料理は、タイハーブの奥深さをどこまでも楽しませてくれる逸品
でした。
       013 (463)
     KHAO KHO PALAYPU : (HP)
スポンサーサイト
| タイの食 | COM(0) |
2010-03-30 (Tue)
 とっても好きな味飯の一つにこちら「パクチー炒飯」がありまして♪
お店だとご飯に対して牛肉の量が多過ぎるのと調味料が強いので、おウチでは私好みの皿が
できるよう研究中。
色彩だけでなく、もうちょっと生パクチーの香りも際立たせた方が爽やかでより特徴的になるけど
生葉の水分でベショっとはなりたくないし・・・と、もう一度プロのお味を確認しに参りまして。
頭はグルグル回転、でもでも楽しいランチです。
       106 (633)
| タイの食 | COM(0) |
2010-03-19 (Fri)
 今日のヨガは苦しいけれどとっても楽しくて♪ ちょっとずつ身体のゆがみが伸びて気持ちよくなってきまして、誘って下さったお友達にホントに感謝♪ お次が楽しみです。
さてヨガの後のランチ。
オーダーしたのは「トムヤムクン」のスープの名で有名な、甘辛酸っぱいスープ味の麺です。こちらのお店は「ココナッツミルク」の入らない清ましスープの伝統的なトムヤム。
       081 (63)
 ちょっとしたディスプレイですが、身近な青菜を仕切りにした魚肉のつみれはなんだか可愛らし。
       082 (63)
 こちらのお店のオススメは、十分に水にさらして苦味の抑えられた生の苦瓜(マラ)♪
疲労回復効果のあるビタミンC、Bを含み、身体の余熱もとる優れものの野菜ですので積極的に食べたい野菜。
運動してカロリーを多く消費したのでちょっとだけ揚げワンタンの皮も添えまして。
086 (6363) 087 (6363)
          【 ก๋วยเตียวต้มยำ(クイッティアオ トムヤム) ~ トムヤム麺 ~
 マラのこのシャキシャキ感と仄かな苦味はトムヤムスープにたまりません!
生スイートバジルの葉は余熱で温まる程度なためその香りが驚くほどドンブリ中に広がり、甘めの柔らかいつみれとカリカリのワンタンの味がうまく麺と絡まり口の中いっぱいに複雑な世界を
演出します。簡単な麺料理。でもこうしてお外で食べると、毎回新たなヒントをいただけて楽しい
ものですね。
       092 (63)
   食堂: BTSチョンノンシー駅4番出口付近
| タイの食 | COM(0) |
2010-02-25 (Thu)
 どうでしょう?この形。皆さまはご存じでしたか?
バンコクには日本の皆さまお馴染みの丸いキャベツと共にこんな尖がったキャベツもあるんです。コレ「ポインテッド」という品種で実は私は大好きで♪ 日本の春キャベツのように巻きの緩くふわふわとした葉と、芯までがほんのりと甘くて美味しくて。
切ってサラダ。黒オリーブの塩味があればそれで十分ご馳走のキャベツです。
            082 (66)
| タイの食 | COM(0) |
2010-02-18 (Thu)
 タイ南部チュンポーン県の店主とタイ北部ラムプーン県の奥さまとのレストラン。バンコク市内
から少し離れたところにあるため少々行きづらい場所ですが ”ドンブリ美味マーク認定者の息子
さんオススメ” ということで、紹介する雑誌を片手にお友達と探検・・・
       100 (63)
 チェンマイ出身の友人はお母さまが行列もできる食堂経営をされていたことから、バンコクでは見慣れない地方料理をよく知っていて色んなものを案内してくれます。が、本日のオススメは
”アリ料理”今朝まで「忘れてないかなぁ~」と期待(?)したもののバッチリ覚えておいでで満面
の笑みのお出迎え。さぁ~て、どうなることやら。
(注: 苦手なお方の為、画像は一番最後にしております。*** の下)
    039 (6370) 040 (6363)
 ドキドキ店内に入ったものの一気に嬉しくなったのは、このタイハーブの山♪ 見たこともない野草も沢山あり、これ全部がお店からのサービス。お料理に合わせて好きなだけおかわりできるのです。最高~っ♪♪♪
       088 (63)
 お馴染みのマナオや玉ねぎ、ニンニクも瑞々しく。
                046 (6363)
 野草の一部はこんなものたち。
 (左)【 หางปลาช่อน(ハーン・プラーチョン/ ウスベニニガナ)「雷魚のしっぽ」形の葉と
繊細な赤い花が愛らしいハーブ。唐辛子料理と食べると体内の熱を緩和してくれる。
 (右)【 ผักขะแยง(パック・カイエーン)先日お話しした野草。ピリっとした風味。
        049 (6363) 053 (6363)
 (左)【ผักแพรว(パック・ペーウ)タデ科なので特徴的な味。胃中のガスを抜くのだと。
 (右)【 ผักเผ็ดู(パック・ペット/オランダセンニチ)別名:ハトウガラシと言うだけあって葉っぱが刺激的な辛みを持つ。解熱、鎮痛効果があるのだと。
        057 (6363) 054 (6363)
 湿度はあるものの自然の爽やかな風が流れる室内。
【 ลูกหว้าฟ่า(森のワーの実)赤いジュース【 มะขามป้อม(マカムポム)黄色ジュース
私は「アンチエイジング」にワーを。お友達は「喉の炎症を抑え、潤いをもたらす」マカムポムに。
082 (6363) 070 (6363)
              【 ตำขนุน(タム・カヌーン(ジャックフルーツ))
まだ熟れる前の若いジャックフルーツとワケギなどを和えたもの。果物としてのジャックフルーツはあまり得意ではありませんが、こちらはフルーティーな風味が他の料理とは異なり、なかなかの美味しさ♪
       068 (63)
                  【 ลาบคั่ว(ミックスラープ)
一般の豚挽きで作るラーブに加え豚皮・臓モツ・レバーの複雑な味わいが愉しめる一品。唐辛子 ・わけぎ・香草・ニンニク・コショウでしっかりと味付けされたこちらには、添え合わせのミントと【ผักแพรว(パック・ペーウ)のドクダミ系にも似た風味がピッタリ!
       072 (63)
             【 ไกบ้นนึง(地鶏のスチームハーブソース和え)
生姜系の野菜と香辛料、葉ハーブとの香り高いソースでいただく鶏は私好みの一品。こういう
料理を研究してレパートリーに加えたいです。
       075 (63)
            【 ตำมะม่วงปลาย่าง(マンゴーと焼き魚の和え物)
マンゴーベースに何種類ものハーブが和えてあり複雑な美味しさ!(左下)お友達が一口分に
包んでくれて、これと豚の皮のカリカリ揚げを一緒に、カリカリふにゃふにゃムシャムシャいただきます。美味し♪
       071 (63)
           (右)【 ข้าวกั้นจิน้(カウガンジン 豚挽きとハーブ飯)
バナナの葉っぱで包んで蒸したご飯には優しい香りが付いていて、生の玉ねぎがサッパリとした触感と辛みで全体を引き締めてくれます。
079 (6363) 067 (6363)
 全体にしっかりとした味付けの店ですが、このふんだんにあるハーブでお好きなバランスを。
    ม่านเมือง36/19ชอยรามคำแหง 162ฤนนรามคำแหง
               0-2917-3206 (火曜日定休日)
              *1~2か月で移転アリ。行く前にTEL確認を♪

 ・*** ・ *** ・ *** ・ *** ・ *** ・ *** ・ *** ・ *** ・ *** ・
      【 แกงผักหวานใสไข่มดแดง (赤アリの卵入り甘葉ハーブスープ)
魚のダシがたっぷりと効いたスープは思いの外美味しく、唐辛子の刺激がもう少し優しければ
皆さまにもオススメ。あとの様子はご想像にお任せを ♪
       074 (63)
 ”好奇心 < 恐怖心”な今回でしたが (^^;) ”恐怖心 < 好意は大切に”(^v^)ということでガンバリマシタ!!
視野を広く持ちたい。異文化も受け入れられる人になりたいとは常日頃から思うことですが、そうなれるまでには色んな経験がありますね♪ それにしても写真用にお友達が入れてくれたスプーン・・・卵だけじゃナイ!!
               086 (6370)
| タイの食 | COM(0) |
2010-02-16 (Tue)
 先週に行きましたアーリーの自然食レストラン、お友達も興味を持って下さったのでご一緒に♪
でも暑さにバテておりましたので今日は温かい野菜スープのみ。シメジとえのき茸、パックワーンバーン( ผักหวานบ้าน)と3種の葉ハーブ。
優しいスープですがパックワーンバーンは加熱よりも、以前生で食べた時の方が甘みと独特の葉の旨みが感じられて好きでした。しかしその時お店の方から「このハーブは「温」でも「冷」でもなく「平」なので、どんな人にも合い沢山食べてもいいですよ~」と伺い、お家でも調理したいと買って帰ったのでした♪
             038 (63)

 アーリー駅前で見かけた蓮の花屋さん!!
       035 (63)
 こんなに立派な花を売るお店は初めてで、嬉しくなって二人でお買いもの♪
             037 (63)
| タイの食 | COM(0) |
2010-02-11 (Thu)
              【 ปาท่องโก๋(パートンコー)】 ~ ずっと一緒 ~
 こちらのお菓子「パートンコー」とは一口で言えば揚げパン。タイのお友達が大好きで、さっき
ご飯を食べたばかりだけどおやつは別腹~♪ と購入。
       157 (63)
 体格のいいおじさんはニコリと微笑むと大きなパフを握り、実に軽く優くトントントントン・・・と
生地を伸ばしていきます。「ゆっくりはしてられないよ」「外は暑いから生地が悪くなるからね~」と。それを短冊切りしたら、中央に水をちょっと付けて???
138 (8563) 139 (6363)
 「あはは~ コレね」「こうやって水つけると2つがくっついて離れなくなるんだ♪ 」な~るほど!そうしてこの名前の意味となる「(2本)はずっと一緒」という形になるのでした。
151 (6363) 126 (6363)
 みんな仲良くくっついて揚がった「パートンコー」形は違いますが中国にも揚げパンはありましたが、聞けばこれも中国から入ってきたものだと。やっぱりね。
       140 (63)
 さあさあ、お味見を。イヤイヤ、先にお写真を・・・なんてのんびりしてる間にもうお友達は一個
食べ終わりご満悦なお顔♪ お隣りにある、昔懐かしい「シャービック」の苺ミルク味のシャーベット、正にアノ味のジュースもグビグビ。
右下にあるチビッ子パートンコーは店のおばさんからのプレゼントでして♪
       131 (63)
 さてお味。思ったよりもずっと外はカリカリ中は柔らかでとっても美味しく。これは揚げ油が
パームオイルを使っているからなんだそうで。パームオイルは他の油より熱くなるのでこの触感が
できるんだと。
そしてこのナゾの黄緑の液体は、コンデンスミルクとココナッツミルクとバイトーイ(葉)のミックス。
ビックリするほど甘いのですが、この暑さと疲れにはホッとする味。
「もう一個食べた~い」「でも太る~」格闘に悩まされるお菓子でした。
                136 (6363)
| タイの食 | COM(0) |
2010-02-08 (Mon)
 今日はバンコクで野菜や果物に興味を持ち共に活動をさせていただいております方々と、先月オープンしたスパのレストランに行ってみまして。オーガニックの食材は手軽に手に入る国ですが、こちらもそんな食材と化学調味料を使わないこだわりのお店のようです。
       033 (63)
 お庭の明るい緑を眺めながらの心地よい食事。こちらは私の好きな「パック・メーオ(ハヤトウリの葉)」の入ったカボチャとキノコの優しいスープ。
       028 (63)
 豆腐と丸ナスのグリーンカレーもキノコ・豆腐・ガランガルのココナッツミルクソース炒めも
022 (7363) 024 (6363)
 玉子・人参・インゲン・椎茸のバナナリーフ包み蒸し、トマト・レモングラスのサラダ、パック・
メーオとピーナッツ・紫玉ねぎの和え物などなど。
021 (6363) 030 (7363)
 もともとタイ料理は野菜料理が多く、肉料理にも野菜がタップリ入っているのでどのお皿も色彩豊かなバランスの良いものですが、そこに使われる砂糖と油が多めなのが気になるところ。
しかしこちらはその様な点にも気を配っていてあっさりとした味わいのものもあり、嬉しいところ。
会話も弾んで楽しいランチでした♪
           025 (6380)
  natural cafe by CORAN ( CORAN Boutique Spa ) :
                         27/1-2 Sukhumvit Road,Soi13
                         0-2651-1588(無休)
| タイの食 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。