123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-11 (Thu)
 バンコクで「イヌ」というと真っ先に思い浮かぶのがノラ犬。それも中・大型犬の立派な体を道端にべったりと横たえ歩道を塞ぎ、そこの主となって昼寝をしてる姿です。
上座部仏教の国タイ、そんなノラであっても生き物を大切にする国に住む彼らは人に危害を加えられたことなど生まれてこの方一度もナイ!と堂々と土地の主と化します。

でもこちらはそんな大きな犬に慣れてないコン・イープン(日本人♪ )。どうしてもそこを通らねば
ならない場合は「ちょ~っと失礼~」などとつぶやきつつ、素足にサンダルという軽装では脇を抜
けるもいつもドキドキ・・・
             158 (63)
 彼らが起きてこないことは分かってても・・・ でもタイの皆さまは全く気にしないでとっても大胆。
       159 (84)
 全く関係ありませんが、先輩に連れて行っていただいた野菜市場。その一角で悠々と昼寝を
するこちらはバンコクの「ネコ」です(^v^)
       015 (63)
スポンサーサイト
| タイの生物 | COM(0) |
2010-02-06 (Sat)
 農家さんの庭にいた瑠璃色の虫。
       234 (63)
 誰だかは知りませんが、ちょっと綺麗でしたので♪
       238 (63)
| タイの生物 | COM(0) |
2009-08-14 (Fri)
 後日、お友達たちとハイビスカスを見に行ったベンジャキティー公園。
カメにもちょっとご挨拶♪ と先日のタイ人を見習ってチンゲン菜を持って行きますと、本日は日本のカメがスイスイ。
食べやすい大きさに千切って見せると近寄って来てなかなか可愛いく、みんなで大喜び♪
       040 (66)
 ・・・が、静かに池に落としてあげると匂いをかいでプイッ!
全身でくるりと向きを変えるとさっさとどこかに行ってしまう、何ともつれないカメ。。。
       039 (77)
 結局この日チンゲン菜を喜んだのは池の大きな魚たちでした。
       041 (63)
| タイの生物 | COM(0) |
2009-03-04 (Wed)
 木の上から伸びきった格好でおはようございます。
暦ではまだ「3月」なのですが、このバンコク、日本とあまりに気候が違うのです。昨夜は21時にもなっていきなりベランダの外で蝉が鳴きはじめました。今朝は6時半にはまた彼らが「ジジジジジ・・・」と活動開始。でも昼間は彼らの声はしないんです。コレはなんでしょう?
夜は冷房がないと眠れません。布団に入ってグッスリと思いきや・・・暑さで眼が覚め冷房を付け・・・今度は寒くなってまたスイッチを消し・・・また暑くて・・・・・
       IMG_3905 (2)
 朝まで一気に寝たいです。
 だからちょっとでも涼しい朝の時間が一番活動的になれて好きです。急がなくっちゃ!お日様が昇るのと競争です。
       IMG_3911 (3)
| タイの生物 | COM(0) |
2008-11-02 (Sun)
 バンコクの街には野生のリスがいっぱい住んでいます♪それだけ街中に緑が豊かに茂っているということ。部屋から見える向いの木々や電線の上をタカタカ歩く姿も頻繁に。
       042 (2)
 今日も頭上の枝が揺れて、ふと見上げると一匹のリス。写真を写そうとすると、視線を感じてか木の裏側、裏側へ・・・とグルグル回って行きます。二人(?)で一本の木の上と下でグルグル  ぐるぐる・・・
       043 (2)
ホラホラ、あそこ。見えるかな~
       044 (2)

| タイの生物 | COM(0) |
2008-10-24 (Fri)
 橋に頬杖つきボンヤリ何気なく水路を眺めていると、不自然な波と共に何かが顔を出しこちらへ向かってきます。ワニだわ ♪ワニワニ。鼻の穴が黒く見える・・・目玉はどこ?・・・どこまでが顔  かしら・・・と嬉しくなって覗いていると
       091 (3)
いきなり水面に出した頭はヘビでした。あのヘビ、泳ぎながらベロ出してる~ははは~
       093 (2)
・・・・・!?あら?あれ、肩かしら?すごく姿勢よく両腕を脇にくってけてる・・・
       094 (2)
体長約80cmの巨大な体。しかしその謎の彼は軽やかにス~イスイ、素知らぬ顔で泳ぎ去っていきました。なんじゃあれは・・・・・背中の縞と水玉の柄がゆかた生地みたい。
       095 (2)
 後に草むらで寛ぐ謎の彼を発見。さっそく近くにいた警備員さんに聞きノートに名前を書いてもらいました。ทัวเงิน-ทัวทอง ミズオオトカゲという”トカゲ”。
生活圏内で野生のこのような生き物に出会えるとは何とも面白い暮らしです。
(爬虫類ギライの皆さまゴメンナサイ)
       039 (3)


| タイの生物 | COM(2) |
2008-03-24 (Mon)
 バンコクの小路はまだ場所により歩道がなく、車道の脇を実質上”歩道”として緊張して通らなければならないところがあります。
朝の登校時、荷物を小脇に抱え脇を通り過ぎる車と足元を交互に注意しながら歩いていると、仮の歩道のど真ん中に何かが居ます
       RIMG1270 (3)

心臓の高鳴りを押さえ、静かに静かに近づくと・・・
       RIMG1271 (2)

体長約30cm(しっぽの先まで)のトカゲです。大きい・・・頭だけで7cmはあります。
ブルーグレーの体に赤と白の斑点。丸く見開いた目玉は爬虫類特有の緑に光ります。わき腹を鼓動で震わす以外はピクリとも動かず、周りの砂や枯葉の中で辺りの様子を伺っています。
                    【 トッケイヤモリ 】
                 ~ Tokay Gecko ~  トカゲ亜目ヤモリ科
 こんなところで生物に遇うのは初めてです。目の前の工事現場の草むらから追い出されたのでしょうか。しかしこの場所にいてはあまりに危険です。50cm先は朝の通勤ラッシュで車は二斜線いっぱいに走っています。かといってこんなに大きなトカゲは掴めません。
とりあえず学校は二の次。
さあどうやってこのトカゲを無事なところに移動させるか・・・すると一台のモーターサイ(バイクタクシー)のお兄さんが近くに停車し「アライ ナ?(どうした)」
       RIMG1273 (4)

「大きい ヤモリ 大きい大きい ヤモリ!!」叫ぶと、寄ってきて「ああ~トッケイだね」と。
そしていきなり頭を軽く足で踏んで抑えると体を鷲掴みにし、隣の家のフェンスの向こうへ放りました。
助かりました。お礼を伝えると笑顔で走り去るお兄さん。荒っぽいやり方ではありましたが、親切なお兄さんに助けられたあのトカゲ

後に学校で先生に写真を見せたところ、この位大きなトカゲは毒を持っていることがあるのだとか。
なるほど、それで”足”でしたか。確かに怒ったトカゲが開いた口は、一瞬ギョッとする大きさと鋭さでした。この”トッケイヤモリ”鳴声が「トッケイ トッケイ」ということからついた名だとか。
いつか元気に暮らす証に一声聞かせて貰いたいものです

| タイの生物 | COM(0) |
2008-03-21 (Fri)
 今日の出会いは感動的でした。教室の天井から落っこちて来ての登場、体長6~7cmの    「チンチョ」ヤモリくんです。エアコンの効いた部屋はさぞ居心地がよかったことでしょう。
RIMG1260 (3)

先日の攻撃的なチンチョとは違って、円らな瞳で辺りを見渡し一目散に逃げ出します。
RIMG1265 (2)

 ピンク・ブルー・ベージュ色した綺麗な滑らかな体。 
本当は家に連れて帰り飼いたかった。餌の小虫なら家にも沢山いる筈だ・・・しかし、ヤモリは 住居の守り神。勝手につかまえてはいけないと、泣き泣き写真をいっぱい撮って諦めました。
また明日も教室で会えるといいなぁ~
RIMG1268 (2)
| タイの生物 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。