123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-09-27 (Sat)
 市場のお買いもの。この暑いバンコクのそれも最高気温な正午、額から玉の汗を流しながら栗を炒るお兄さん。”ご苦労様なことで・・・”と思いながら通り過ぎようとすると、あらあら?何でしょうこれは・・・
       032 (2)
 どんぐり?枇杷の種?巨大な椎の実?・・・ 足が止まります。お兄さんは「韓国の実」だと言いますが、はて?何でしょう。
       030 (2)
 何でも試してみたい、食べてみたい、ということでさっそく購入(写真下)。皮の固さは栗そのものですが、お味はアーモンドみたいな芳ばしさ。これはおつまみにいいですね。
       029 (2)
 市場で見かけたら、ぜひ皆さんもお試してみてくださいな♪
スポンサーサイト
| タイの食 | COM(0) |
2008-09-26 (Fri)
 今日は手抜きの日。もう学校だけでヘトヘトで何をする気も起きません・・・ということでLemonfarmへ直行!ここではヘルシーな料理がお持ち帰りできるのです。
内容も「Natural & Macrobiotic Food shop」というだけあって殆どが肉・魚を使わず食材にこだわったオーガニック料理。以前ここの近所に住む先輩夫人からここの「米サラダが美味しい」と聞いてから時々来ています。私のオススメは豆腐スープ。これは絶品で私のお持ち帰りダントツNO1なのです。
       044 (63)
 お店では食材以外にお菓子・コスメ・薬品・本・CDなども扱っています。ここのヌガーは美味しいと、帰国のお土産の定番商品にしている方も。出来あいの料理は、カレーや麺と具とスープの
セットなどもあります(たまに得意でないお味のスープもありますが・・・)
042 (,6362) 041 (6362)
 とうとう今晩はこんな食卓。でも体にはいい食事ばかり。それにレシピを覚えるのにはいい材料♪ (ちょっと自分への言い訳!)
       050 (63)
 「黒米のスープ」(左)、黒米とゴマのおじや風。「豆腐のスープ(กระเพาะฟลาเจ)」(右)
これが私の大好物♪ 揚げ豆腐・竹の子・椎茸・黒きくらげのシーユーカオ味(たまにに黒酢を垂らしても美味!)。
053 (6362) 052 (6362)
 「豚肉・ネギ・あさつきの蒸し春巻き」(左)大連時代が懐かしいお味ですがこのタレがやはりタイ。「キノコのカレー蒸しバイトーイ包み(ห่อหมกมังสะวิฮัช)」(右)かな~りカレースパイスは効いてます。
055 (6362) 056 (6362)
 「刻み野菜のヤム(ยำผัตพื้นบ้าน)」(左)。白・黒のすりゴマと甘タレ風味。これはちょっと野菜の味が強いので茹でキャベツなどに加えた方が良かったです。
・・・あ、一応これに豚の生姜焼きは作ったんですよぉ~
057 (6362)
     Lemonfarm : SOI SUKHUMVIT 39,
| タイの食 | COM(0) |
2008-09-22 (Mon)
 毎日通る駅までの道。民家の庭から覗く高いバナナの木には今日も花が。この大きく赤い花  びらに見えるものは実は苞。お花はその内側にある小さな房。黄色のめしべが覗いています。
       018().jpg
 つぼみは苞の深紅をうっすら透す白い色。その一枚一枚の鮮やかな色の苞の根元に花が咲き、瑞々しい黄緑色バナナの実が二列に育っていきます。
       016 (2)
 ホラこんな感じに・・・
       015 (2)
 そうして実の成長と引き換えに、苞は自然に枯れ落ちていくのです。 
       008 (2)
 このバナナは・・・どうしてこんな形になったのか分かりません。実からつぼみまでの長い茎。
ここにあるべきバナナはどこにいっちゃったのかしら・・・不思議・・・
こんなことを考えながら歩いていると、南国の街は楽しみがたくさん転がっていて、飽きてるヒマはありません♪
       012 (2)
 ちなみにこのバナナのお花、食べられますの。どうやって?そのお話はまた今度。
| タイの花 | COM(0) |
2008-09-22 (Mon)
 家からの散歩。緑を探して歩いてみます。街が慌ただしかった時期には室内にこもる時間が長かったので、落ち着いた今は、少しあてもなくこうしてブラブラ外の空気を吸いましょう。
暫く歩くと民家の奥まった敷地により一層緑の茂るお店が。西洋人の方が一人、のんびり寛いで食事をしています。
最近胃もちょっと疲れ気味でしたので、私も今日はここで昼食を。       
       024 (2)
 頭上を覆い尽くす緑の木の葉。
       025 (2)
 こちらは室内にスパ・マッサージを併設する、リラクゼーションを意識したレストラン。
ドリンクもフードも、野菜を中心としたベジタリアンメニューが豊富です。
       056 (2)
 惹かれる料理が沢山ある中、今日は一人なのでフルーツのドリンクと2品をチョイス。
ドリンクは「パパイヤ・マンゴー・リンゴ・グワバ・パッションフルーツ・パイナップル」
どれも一つで飲んでも美味しい果物ですが、こんなに沢山混ざるとどんなお味か・・・と思いきや、これはなかなかのもの。それぞれの果物の甘みと酸味のバランスがよく、新鮮なエキスをたっぷりいただいた気分です。

 こちらの前菜。米や人参などの野菜の千切りを籠型クリスピー状に揚げ、中に生野菜(トマト・玉葱・大根など)を詰め、味付けはドライトマトとビーツドレッシング。これとパンで十分なボリュームでした。どれも野菜が新鮮で味がしっかりしています。緑を見ながら緑を食す。そして自分もまたこんな自然の一部なのだな・・・と感じるお料理。
       046 (2)
 生ズッキーニのパスタ。幅広の麺状に薄くスライスしたズッキーニは生のシャキシャキ感を愉しみます。よくおウチでつくる胡瓜のサラダみたい。赤い何で作られたかお味からは判明しない甘いソースの上には、緑と黄色ピーマンがのりとてもカラフル。
       058 (2)
 白い枠しかない天井からは木の葉と光が降り注ぐ。こんな空気を吸いながら飲む水もまた美味。
このグラスの奥の逆さな世界にはどんな風景が広がるのでしょう。。。
鞄に放りこんできた本の続き、こんな日はページの隙間に木の粉が落ちるのも気にせず、雨雲が来るまで楽しみましょう。
       052 (2)

 何度もお腹を駆け上ってくる人懐っこいキミ。たまにはキミもこんな野菜を食べると、もっとのんびり暮らせますよ~
       055 (3)
| タイの食 | COM(0) |
2008-09-19 (Fri)
 突然海で泳ぎたくなりました。
決して泳ぎが得意なワケでもなく、過去には何度も波にのまれ溺れかけているのに、やはりこの暑さのせいでしょうか。せめてお家のプールででも・・・とビート板片手に行ってみましたが、深い  。。。確か小学生も泳いでいたはずですが。
ちょっと恥ずかしいので人のいない時間を狙いましたが、逆になんだか物悲しくなりあっさり帰宅  ・・・ということで、諦めお部屋に”海コーナー”を。
       018 (2)
 近所のワゴン花屋さん。今日の花は菊・トルコキキョウ・カーネーション・バラの4種類。
その中から選んだ一番軽やかなこのお花。
       063 (2)
 いつぞや拾った貝。。。今夜は魚とイカを焼こうかな。
       023 (2)
 読みかけの本を片手に、つまむおやつはローズアップル♪ 
5・6月に食べたものより今の時期の方が、瑞々しさの中に強い甘みがありとても美味しいです。
気分はプーケット? いえいえ江ノ島です。 何故ってさっきまでサザンが流れていたから~
       016 (2)
| タイの暮らし | COM(0) |
2008-09-19 (Fri)
 こんな格好で失礼いたします。
       003 (2)
 去る14日、バンコクに発令されていた非常事態宣言が解除されました。依然として反政府市民団体(PAD)による抗議活動が続いているとの報道もありますが、とりあえず一安心。
皆さまご心配ありがとうございました。
やはりのんびりとした外の空気はいいものですね~
       006 (2)

 そんなことで今日の昼食はお友達と川岸で。豚肉・青菜・フクロダケのバジルとにんにくのソース炒め。お友達のグリーンカレーは豪華なエビたっぷり。その上、生のライチの果肉入り♪
その仄かな甘みがカレーと相まって美味しかったのなんのって。
       001 (2)
 
 午後のお外の散歩。街を歩けば楽しいことばかり。でも日差しの暑さに耐えきれなくなった時は・・・
       014 (2)

 ココナッツアイスで生き返りましょう♪ コイン一枚10バーツの幸せ。
       017 (2)
| タイの暮らし | COM(0) |
2008-09-18 (Thu)
 先日「伝統的なタイハーブ・スパ美容・ヘルスケアグッツまで取り揃う展示会」というものに連れて行っていただきました。地域の安全性は太鼓判つき・・・ということで、先生に引率していただき7人での外出♪
       047 (2)
初めのブースはハーブ・漢方から。 
「美容」とは言いましても悩みは人それぞれ。シミ・しわ・くすみ・たるみ・美白・・・また授乳時の乳の出のよくなるものや、疲労回復、血行促進・・・などさまざまなハーブが。
       004 (2)
 煮出すもの、酒漬けにするもの、飲用、塗るもの・・・これは専門家のアドバイス無くしては選べません。よって今回はシミ消し用の石鹸を一つ購入。さてこのバンコクの紫外線にどれだけ対抗できるでしょうか。効果は如何に?
       005 (2)
 会場内のブースはいろんなエリア(植物・薬品・バス用品・エステ用品)が取り揃えてありますが、それらを過ぎるとおまちかねの食品ブース♪・・・ですが見たところ普通の屋台料理と同じような・・・しかし珍しい地方料理もありそうです。
       015 (2)
 見た目では区別のつかない団子が山積み。魚なのか肉なのか?
そこでみんなで日頃のタイ文字授業を思い出し商品札を読んだり、店員さんに聞いたりして、ブタ串団子・牛串団子の2種があることは理解。しかしそれ以上は判明せず「これは食べてみないと!」と一本10バーツの串をみんなで4種一本ずつ購入、食べ比べ。結果、焼きブタ串が香ばしく、茹で系ブタ串、弾力のある牛よりも一番人気。強いていえば絡めるタレは美味しいのですが、唐辛子少なめがベスト。ヒー!
       008 (2)
 食べたことのあるお友達に教わりましたコチラ。米粉の皮で具を包み蒸したもの。餃子のタレのようなものをつけていただくのだとか。具は4種類。青菜・コーン・タロイモ・蟹で、お友達のお勧め2種を私もお持ち帰り♪
       007 (2)
 まあるいライスコロッケを揚げたものを潰して脇にある野菜と和えるライスサラダ。これはチム(味見)ができないので、味付けは次回出会うまでの謎。
       010 (2)
 こちらもライスサラダのお店。以前には分からなかった着色お米の色。本日先生に伺い判明  です。
黄:ターメリック、緑:バイ・トーイの葉、紫:ローゼル(ハイビスカス種)、青:バタフライ・ピー(butterfly pea 蝶豆)の花でした。
 何故にこうして着色をして食すのか、私としては色を付けない方が食欲が湧くのですが・・・と  思いきや、こうしたそれぞれの米は原料ハーブの効果により様々な効能があるのだとか。
ちなみに、黄:肝機能障害を防ぐ・カルシウム補給、緑:ビタミン・アミノ酸を多く含み美肌・整腸  効果、紫:クエン酸から疲労回復、青:抗酸化ポリフェノールによる老化防止。特に青いバタフライ・ピー・・・気になります。しかしこのお色。う~ん。。。
       013 (2)
 大っきな焼きブタ。部位によって違う脂ののり方をみて好みを選びます。このまま食べても美味しいし、残りはいつもチャーハンに。
       018 (3)
 蟹肉のミンチを素揚げしたようなツミレ。蟹の旨みが凝縮されて美味しかったのですが、
できれば揚げものより蒸した方がさっぱりしたかな。。。
       021 (3)
 タイで一年中生産されるお米も多種多様。 
       029 (2)
 日本でいう「黒糖ゆべし」のようなモチモチとした触感と仄かな甘みと木の実の芳ばしさ。「胡桃ゆべし」好きな私には、このタイでこんなお菓子に出会えるとは感激です。
       030 (2)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そうして本日のお夕食。一人なので手抜きして、お家で外食気分!
日頃から野菜類を多く食べたいとは思っていますが、こうして見るとタイの料理は意識しなくても豊富な野菜の摂取に適していますね。
 こちらのサラダ、実は名前が分かりません。こちらと次もの、どちらも地方料理なようでバンコクでは珍しいのだとか。横で購入する先生もあまり見たことがないから分からない・・・と仰っていましたが、少し癖のある緑の葉っぱでシャキシャキ歯ごたえのある野菜の千切りをくるんで食べます。お味は甘辛。食感がよく、味見だけでは飽き足らずゆっくりお家でも。いくらでも食べられる美味しさです。ぜひ今度家庭教師の先生にも伺ってみようかと。
       068 (2)
 こちらも野菜とコメのサラダ風和えもの。こちらも様々なスパイスやハーブの味が相絡まり、さっぱりしているけれども複雑なお味。レシピを知りたいです。
       067 (2)
 三色の米でつくられた大きなお煎餅、お味はキビ砂糖の優しい甘さ(左上)、黒糖ゆべし(右上)、のおやつ付き♪
エステやマッサージやお手入れ、サプリメントの服用などもよいのでしょうが、どうしてもそうしたものに熱心になれない私。でも食べることは大好きなので、美容は諦め、健康は体内から!と、  これからも色んな料理を学んでいきたいと思う今日このイベントでした。
       059 (2)
 先生ありがとうございました。またいろいろ連れて行って下さいな♪
| タイの催しもの | COM(0) |
2008-09-16 (Tue)
                       【 シクンシ 】
 今年の一月にも載せましたシクンシのお花。あの時には2mを超す高さに花を下げる大きな幹  でしたので、花に近寄ることはできませんでしたが、先日運動がてら近所を歩くとこんなに豊かな花房をつけた垣根が。
       015 (2)

 近寄ってみると、そこいら中辺り一面が甘酸っぱい香りに包まれています。
ジャスミンの豊潤なそれを思い出すような華やかさ。
       011 (4)

 花から花へ夢中で飛び回る虫たちの間をお邪魔して、私もその芳しさに酔いしれる。。。
放つ香り全てを一纏めに吸い込みたいような素晴らしさ。
       012 (3)
 奥まった民家に人知れず、しかしこれ程までに優雅に自らの生を謳歌するこのシクンシ。
こんな素敵な出会いがあったのですよ、皆さん♪
| タイの花 | COM(0) |
2008-09-09 (Tue)
 「初めて」というのはこんなにも心躍るものなのですね。今日の学校でいただいたおやつが正にそんな一コマ。こちら蓮の実です。あの池に優雅な花を咲かす水蓮・・・その実が、本日先生の  お持ちくださったもの。
       070 (5)
 うちの最寄り駅の周辺には午後になるとチラホラ、ワゴンのお店が並びます。皆さん”本日  手に入ったものを売る”という様に「マナオ(小みかん)屋」「ベルト屋」「餅菓子屋」「花屋」「ゼン  マイおもちゃ屋」などなど。
そんな中にお供えの「花輪屋」も並び、一緒にこの蓮も見かけていました。きっと仏壇に供える飾りだろう・・・としか思っておりませんでしたが、これが食用だったなんて驚きです。
       071 (3)
 実の周りの柔々な部分をパッカリ割って、写真のシャッターよりも早く先生は実を取り出していきます。
       077 (2)
 蓮の房から僅かな青い香りが立ち上るころ、瑞々しい実の中からこれまた綺麗な白い部分が。こちらをいただきます。中国ではよく乾燥させた蓮の実をデザートで戴きました。白キクラゲやクコの実などと共に淡い砂糖シロップで。そうそう月餅・ちまき、それから砂糖煮も。しかしこれは新鮮な生の実なのです。
 ちょっと割れてしまいましたが、まあるい実はピーナッツほど硬くなく、松の実のような歯ざわりでしょうか。噛むと仄かに花を思わせる風味が口の中に広がります。私は椎の実は食べたことありませんがお友達たちは「椎の実みたい♪」と懐かしんでいたので、きっと召し上がったことのある方にはそれが一番近い印象なのでしょう。
       074 (2)
 「大きい実の方がアロイ(美味しい)ですよ」と先生。剥くのが楽しく、また初めての風味も新鮮で、みんなで夢中でいただきました。 
       080 (4)
 このところ暑さバテで弱っていた体。蓮には様々な効能がある中で豊富な食物繊維によって”胃腸を整える”のみならず、腎臓の機能を活発にすることにより”若返り効果”もあるとか♪
 さあさあ、タイの蓮の実パワー!いっぱい効いてくださいね♪
       085 (3)
 あらあらノートの間違い発見っ!蓮の実効果、頭にも効いてくれないかしら~
(yam:サラダ× 和える〇 ちなみに春雨サラダで有名な”ヤムウンセン”の”ヤム”です)

| タイの食 | COM(0) |
2008-09-05 (Fri)
 外出の帰り道、大きな雨雲の去った空は肌にも感じぬ程の僅かな霧雨を落とす程度。シーロー(ワゴンタクシー)は出払っていますし、荷物も少ないので徒歩で帰路へ。
いつもの水浸しの道路、今日もその雨の激しさを残しています。雨期はいつもこんな感じなのだな・・・などとまだ呑気なワタクシ。
       048 (2)
 暫く歩いて気がつきました。大変。。。向こうの歩道へ渡れない。。。サンダルで走り幅跳び?  いえ!いえ!そういう幅ではありません。元の道を戻るか?しかし、心なしか先ほどより霧雨の粒が大きくなっているような・・・
 先ほどから私と並行してゆっくり走る車。ワゴンの荷台にびっしりと乗り込む建設業のお兄さん・お姉さん。みんななかなか進まぬ車に溜息洩らしながらも、いま私の目の前に起きた事態を把握し、水の中を覗き考え込む私を眺めてガヤガヤなにか話しています。う~ん
       050 (2)
 両手を見れば買い物したビニール袋。よし!これで行こう!。。。と両足に履いて。いざ!   破けたら最後、この排水溝から逆流した水まみれになってしまいます。慎重に慎重に深いところへ入っていき・・・
       051 (2)
 無事何とか向こう岸(?)にたどり着き、ひと安心。
また暫くてくてく歩いて行くと、とうとう絶望的な深さが。。。あぁ~進めない。でも戻れもしない。荷台のお兄さん・お姉さんも「これは無理だわ・・・」という悲しげな視線。笑ってくれれば少しは  おちゃらけられるのですが、みんな妙に神妙な視線を送ってくるので、こっちまでブルーに。    はぁ~

 一応、ビニールで片足を・・・ひやぁ~やっぱり水入りました!!膝の半分くらいの深さです。  もう無理。無理。破傷風にもなりたくありません。もはやこれまで・・・と思いきや、後方から    「奥さ~ん。どこまで?」との声が。小雨の音で誰が発した声か分かりません。

するとまた声が。よく見ると、後方にいたホテルの送迎ワゴン車(窓のない枠だけの乗り物)の運転手さんがこちらを見ています。この先の住居だと話すと「うん。それなら通り道だから乗って行きなさい」と。。。 なんと有り難いことでしょう。本当に本当に。
       053 (2)
 あぁ~ あの人はどうやって帰宅するのだろう。
       054 (2)
 家の前まで送っていただくと礼はいらぬと運転手さん。あまりにも自然な振る舞いに感動です。本当にありがとう。このところ街では色んなことが起きておりますが、少なくとも私の周りで接するタイの皆さんはいつもと変わらずの温かさです。


| タイの暮らし | COM(2) |
2008-09-02 (Tue)
 日本の皆さま こんばんは
連日のタイの不安定な情勢につき、ご心配をお掛けしております。日本のニュースを見てすぐに  メールを寄せて下さいました方々、どうもありがとうございます。

今朝も7:00に政府から「緊急非常事態宣言」が発令され、日本人学校の休校、必要最低限の外出など我々の生活にも緊張感が高まってきておりますが、実際のところはまだ政府機関周辺の一部の地域や首相府付近、デモ集会の行われる可能性のある場所などへ近づかないことにより、かなり危険を回避することができると思われます。

また学校の先生からは「タイの方の服装を見て”赤いシャツを着た政府賛成派”と”黄色いシャツを着た反政府勢力”には近づかない様に」との具体的な教えもいただいたり、念のためいつ戒厳令が敷かれても・・・と取りあえずの備蓄をするなど心の準備もいたしております。

本日届きました大使館連絡では、かなり沈静化が図られてきたとも伝えられてきております。
今後も友人とのネットワークを広げて注意して暮らして参りますので、今現在はどうぞご安心くださいませ。
       018 (6)

 そんなことで、今日は自宅でゆっくりと読書です。
学生時代の友人からいただいたお花いっぱいのハーブティーを飲みながら♪
       036 (2)
| タイの暮らし | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。