123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-26 (Thu)
 本日は街の景色をのんびり見ながらの外出がしたかったので、家から少し離れたシーナカリン病院研究所近くにありますマクロビオティックのお店まで。レモンファームのスープや一部の料理は近所でも購入できるのですが、ここはトータルバランスのとれたセット料理がいただけます。
081 (6363) 084 (6363)
 本日のはこんなプレート♪ ヒヨコ豆・人参・玉ねぎ・コブミカン葉のご飯に、グリーンソースのパスタ、カボチャのスープ、ビーツ・人参・キャベツなどの胡麻ドレッシングサラダに干し椎茸・人参の
昆布煮、キィウイ・青リンゴ。ジュースはオーガニック栽培のパイン・オレンジ・ビーツ・セロリ・人参と贅沢なもの。
       086 (63)
 厨房がオープンキッチンになっており、ランチ時をずらして訪れたのでシェフたちも気楽にお喋りを!覗き込んだ目の前でちょうどパンを発酵させており、思わず「美味しそ~」「食べた~い」と
話すとニッコリと「まだできないわ~」とシェフ。
それなら買って帰るわね・・・と話しておりましたら後からコチラを!「さっきはまだ出来てなかったから、おウチで食べてくださいね♪ 」と。買って帰るのも家での楽しみができてよかったのですがなんだか申し訳なく・・・それでもスタッフ皆さんで勧めてくださる温かいお心に感謝して。
090 (6363) 093 (6363)
 このありがたい気持ちでまたパンを買いに伺いたいです。
       094 (63)
       Add : soi lasalle sukhumvit 105.
       Tel : 0-2710-5625
スポンサーサイト
| タイの食 | COM(0) |
2009-11-21 (Sat)
 そろそろクリスマスデコレーションが街を賑わして来る季節、アリアンフランセーズというフランスの文化交流の場所にてフランス市がありましたので、ちょっとお散歩に♪
このバンコクはアジアの中でも西洋人の多く住む都市ですが、今日はどちらの方向からも聞こえてくるのはフランス語。フランスワインをいただき、チーズやパンの試食をつまみながらフラフラ。
ちょっと海外に出た気分です。
028 (6363) 027 (6363)
 雑貨屋さんで買ったウィリアム・モリス風なノート。何を書き込みましょうかね。
       030 (63)
 こちらも一目ボレで手に入れた手作りのクリスマスの飾り♪
フランスの子供衣料店がフィリピンの工房で作っている小物です。扱う洋服もどれも可愛らしい
ものばかり。そんな手先の器用なフィリピン女性に着目したフランスのNGOによる製品で、売り
上げの一部がフィリピンの子供たちの教育・医療費援助となるお品。
       024 (63)
 Bout d' Phil : ご興味のお有りな方は「コチラ」から♪
| タイの催しもの | COM(0) |
2009-11-20 (Fri)
 大好きだった職場で互いに駆け抜けるように働き合った大切な元同僚。深センとバンコクに離れた今でもメールのやり取りをし、時には励まし時には褒め合う(♪)大切なお友達。そんな彼女がこの度バンコクにお友達と来て下さり、待ちに待った嬉しい再会。
スイカのジュース「テンモーパン」で乾杯~♪
       011(63)_20091209122242.jpg
 今回は他にも行くところがあったため観光で訪れたのはワット・ポーとワット・プラゲオでしたが、
お友達もそのお友達もお二人とも美しい瞳をキラキラ輝かせ、涅槃仏にもエメラルド仏にもそしてタイの建造物に対しても歓声を上げられて♪ こんな素直に喜ばれる瞬間に立ち会え、私まで嬉しくなりまして。
       012(63).jpg
 本日の仏陀はいつにも増して清らかな表情を浮かべ、こんな素敵な友人の来タイを心から
祝福している様でした。
はるばるバンコクへどうもありがとう♪ またお会いできる日を楽しみにしています。
       133 (6300)
   ランチ: The Deck 36-38 Soi Pratoo Nok Yoong, Maharat Road.
                Tel 02-221-9158
| タイの暮らし | COM(0) |
2009-11-18 (Wed)
 ロイカトーンをチェンマイで過ごしたお友達からのお土産をいただきまして。開けてびっくり!!最近お気に入りタイプのタイ米の入ったお茶ではありませんか!そんなお話をまだしていなかったのに、数種の中から選んで下さったのがコチラ。「ジャスミンライスティー」
CTC系茶葉にジャスミン米・ジャスミン花・バラの花・チェンマイの葉ハーブが入っていて見ているだけもウキウキしてきます♪
       016 (63)
 これまた素敵な焼き物に入っていて、こちらも私好み♪ もうもう、この上ない喜びです♪
苦味が出ないよう優しい湯温で淹れるとフワッと広がるジャスミンの花香。こんな爽やかな花に包まれての幸せなティータイム。どうもどうもありがとうね♪
087 (6363) 097 (6363)
 お伴は別のお友達に教えていただいたピンクのグァバ♪ 緑のグァバより甘いんです・・・って
嬉しいお知らせ♪
       025 (63)
| タイのハーブティー | COM(0) |
2009-11-18 (Wed)
 一日のスクーリングと後は自宅でテキストに向かう約一カ月半の通信教育。やっと試験も終わりまして、本日は一緒に受験した皆さまとのお疲れさま会♪
今までは「野菜ソムリエ」資格取得という目的に向かって参りましたが、食の分野は今後もまだまだ学びの続く奥の深いこの世界。そんな中で今回の一番の喜びはそんな共通の目的をもつ素敵な方々との出会いでした。このご縁を大切にして。。。
皆さま、これからもヨロシクお願いいたします♪
       058 (63)
   ランチ: オーガニックのお野菜を使った「サムライ」にて。
| タイの暮らし | COM(0) |
2009-11-13 (Fri)
 ワット・アルンの塔の下に並べられた鉢を覗くと鋭いトゲの茎には様々な色の花が。
       269(63).jpg
                     【 花麒麟(ハナキリン)
 ヒョロリと伸びた茎は確かに首を伸ばしたキリンのよう。日陰のない広い敷地で高い塔を見て
回る中、ふと一息つく愛らしさでした。
       264 (63)

268 (6363) 262 (6363)

266(6363).jpg 263 (6363)
 何ともトロピカルな色彩の美しさ。
       261 (63)
| タイの花 | COM(0) |
2009-11-13 (Fri)
 済んだ青い空はどこまでも続くそんな本日。今一番お気に入りの仏陀の座すワット・アルン
(暁の寺)へ。
197(6363)_20091209095129.jpg 212(6363)_20091209095129.jpg
 観光シーズンではありますが午後少し時間をずらせば、とても静かなお堂です。
       204 (63)
 こちらがその本堂の仏陀坐像。とても優しい眼差しを向けるその表情についこちらまでつられて笑みがこぼれてしまいます。これは言い伝えに寄るとタイの国王ラマ2世によって彫られたお顔で、仏陀の下に今もそのラマ2世が眠っておられるのだと。
       200(63).jpg
 こんな穏やかな温かいお顔になりたいものですね。
       202 (63)
 タイのお賽銭はこんな矢羽に挟みこんで奉納します。お隣にいた学生さんたちに教わって聖水をいただき頭にかぶり、涼しくなった窓からの風を受けながら、静かな祈りの時を過ごさせていただきました。
来週来泰のお友達、こちらにもお連れしたいですね♪
203 (6363) 206 (6363)
| タイの寺院 | COM(0) |
2009-11-12 (Thu)
 来週に深センからお友達が来てくれる♪ ということで、どんなところへご案内をしようかと
ブラブラ。そんな外出もとても楽しいもの♪ 天気もいいのでワット・ポーにも寄ってみると今日は
西洋人の観光客でいっぱいで、いよいよバンコクも観光のベストシーズンが到来・・・といった感じです。
さて、境内をのんびりと歩いていると本日もいそいそ修復師さんが働いていらっしゃいます。
            086 (63)
 よ~く覗くとおばあちゃまに近いおばサマ。狭い足場をこんなに高いところに登られて、とても
お元気そう!黙々と破風の脇にセメントを塗り
           088 (63)
 丁寧に小さなガラス板をはめ込んでいます。やっぱりこうやって一つ一つ手作業で作られているのですね。
           085 (63)
 足元を見たら落ちたガラス片がチラホラ。
              091(6363).jpg
 奥のお堂に座します仏陀坐像。
       117(63).jpg
 菩提樹の木の元で今日も人々を温かく迎えていらっしゃいます。
       122(63).jpg
| タイの寺院 | COM(0) |
2009-11-11 (Wed)
 以前に運動不足解消のためヨガをしていましたが、あまりにも体が硬く初心者クラスにも拘らずついていけず、ソロソロ~っと終了~。
その後はジムで走る以外は特に何もしていませんでしたが、最近また肩こりが辛く色々探していたところ、全く違う目的で出会った先生からルーシーダットンというヨガをお習いすることに。
            076 (63)
 ハードな動きがなくリズムもゆっくりで、これならワタシ向き♪ また終わった後の肩の軽さは爽快で、マッサージ店まで行かなくても自分の運動で解消できるなら、こんなに嬉しいことはありません。
184 (6363) 178 (6363)
 あとは少人数制なので早く覚えてご一緒したお方の足を引っ張らぬよう。。。&血行を良くする動きだけでも日々おウチでも続けられたらな。。。と♪
181 (6363) 188 (6363)
| タイの美容 | COM(1) |
2009-11-10 (Tue)
 暫く机に向かったり暗記なんぞに頭を使う日々が続いたので、久しぶりにバンコクの街からフラッと抜け出て科学院にドライブしますと今日はシートーンの実が生っていました♪
マメ科の植物はどれもこのような実をツルから下げますが、シートーンの実は葉と同じように赤く金色に光る産毛に覆われていてとっても立派な房。
       098 (63)
 花も沢山咲いていてとてもキレイ♪
116 (6363.) 114(6363).jpg
 ツルの下の方はまだ青い葉が茂っていますが、太陽の良く当たる上部の葉はこんなにも鮮やか。光線を浴びていつまでもキラキラ光っているのでした。
       119 (63)
| タイの花 | COM(0) |
2009-11-09 (Mon)
 お料理教室でご一緒したお友達とのタイ料理ランチ♪ ”キンナリー”という天の使いの名を持つお店です。
           032 (63)
 この天使は”蓮がお好き”だということから、店内の装飾も使われる食器などのテーブルウエアーに至るまで蓮づくしで素敵です。
033(6363).jpg 038(6363)_20091208082724.jpg
 楽しい会話に夢中で細かいメニュー内容はひかえませんでしたが、どのランチセットも色とりどり♪
       034 (63)
 伝統的なタイ料理から中華系にまで幅広いバリエーションは味付けも様々で、思わず笑みの
こぼれる食卓です♪ 時折私達にお構いなしに歩くアリ。そんなところもサバーイサバーイな大らかなお店でした。
       035 (67)
  
| タイの食 | COM(0) |
2009-11-07 (Sat)
 本日は実は試験がありまして~ 昨夜からちょっとドキドキ。今朝は普段は見ない夢まで見て
しまい。。。
小さい頃から駄々をこねて物をねだる・・・ということはあまり記憶にない自分が、何故か以前の職場の先輩に淹れてもらうお茶が飲みたくて「祥華鉄観音が飲みたいんです。祥華がぁ・・・」と
あの手この手でお願いを!・・・ナント変な夢・・・
            010 (63)
 目覚めてもそんな自分が鮮明に脳裏にこびりつき「もしやコレは、どこからかのサインか!?」
と朗報がよぎり。早速茶葉ストックを覗きながら、あの和三盆の様な上品な甘い香りを思い出し
ます・・・が、ナイ。
誰にともなく「”祥華”はナイので、そこんとこ”凍頂”で何とかなりませんかねぇ~」などブツブツ
呟きながらぐびっと飲み。
           021(6375).jpg
 ”凍頂烏龍茶”だって清楚で最高に美味しいお茶♪ 結果が出るのはクリスマスの頃です。
さあさあお茶マジック、何とかなりませんかね~
(K.Y野さんのお茶、この日以来ず~っと憧れですのん。いつか淹れていただけるチャンス
あるといいな~(^^))
| タイの学習 | COM(0) |
2009-11-06 (Fri)
 これはタイ文字を学んだ人にしか分からない話なのですが。。。
       217 (63)
 BTSのホームにあった看板。コレってどう見ても平仮名じゃありませんか~?
218 (6363) 219 (6363)
| タイの暮らし | COM(0) |
2009-11-05 (Thu)
 ラマ8世橋たもとの公園では川辺に集まり思い思いの燈篭を川に流す人、何十軒もの屋台が
軒を連ねる広場で食事をとる人、語り合う人、遊具で遊ぶ子供たち・・・と何とも賑やかなこと。
       603 (63)
 川縁には美しい電飾が並び、奥のホールではTV撮影も。竹細工の蝋燭が川を流れるイメージなのでしょうか。ロイカトーンらしい飾りはとても素敵!
       511(63).jpg
 蓮花の飾りや北タイ伝統のランタンもこんなに美しく!
   608 (6375) 606 (6375)
 この祭りには欠かせない燈篭。そんな燈篭の美しさを競うイベントも開かれており、これがどの作品一つとっても趣向を凝らした芸術的な作品ばかり♪ 是非ぜひ皆さまもご覧を!
       516 (63)

       520 (63)

       522(63).jpg
 光が足らずぼやけてしまいましたが、緑色の葉っぱは全てバナナの葉。小さく折り畳んで作ったのは5つの首を持つ竜神の「ナーガ」。とぐろを巻いた上に載せる祈りの黄色い蝋燭を、守り
覆い被さるように首をのばしています。
    527 (6375) 529 (6363)
 赤紫の千日紅の花と黄色いマリーゴールド、バラに蘭の花など色も形も様々に美しく。
    599(6375).jpg 540 (6375)
 白と赤紫の千日紅で作った「エラワン」。3つの首を持つ学問や芸術のゾウの神様です。
    534 (6375)
 小豆や青草の装飾が施された作品。
555 (6363) 556 (6363)
 この小鳥は小さな折り紙でできています。
550(6363).jpg 552 (6363)
 左の白い素材は木の皮を薄く削いで作ったもの。昔、トウモロコシの薄皮で作った人形を思い出します。
570 (6363) 526 (6363)
 左のタイプのものが、ロイカトーンの代表的な形。市場に行くとこの様な素材の組み合わせが
沢山目につきます。
535 (6363) 515(6363).jpg
 どこかのウェディングケーキのような可愛らしいペーパークラフトの作品。
    595(6375).jpg 590(6375).jpg
 左右に対のドラゴンを掲げるこちらは、近くで見ると七色に色彩を施したカボチャの種で出来ています。
    582 (6375.) 585(6375).jpg
 編み込み団扇で作られた土台からは蓮の実の房が顔を出し、素朴な風合いの作品へと仕上がり。
    577(6375).jpg 581(6375).jpg
 どちらも木の皮で作られた作品ですが、左の物にはバンコクのサオチンチャーが立っています。
こうしてみるとどれも本当に特徴的であり、またタイ人の美的センスの幅広さを感心させられます♪ ご興味のお有りな方は来年この地へお越しくださいな。
    571(6375).jpg 572 (6375)
| タイの文化 | COM(0) |
2009-11-03 (Tue)
 今年もこの季節がやって来ました「ロイカトーン」一年の水の恵みに感謝を捧げるそんな一日
です。昨年は自分で作った燈篭を流して楽しみましたが、今年は人々のお祭りに参加してみました。
       504(63).jpg
 こちらはバンコクを流れるチャオプラヤー川に掛る”ラマ8世橋”。幻想的に輝く橋の上からは、電飾の船のパレードや対岸の祭りの様子を眺める人、ランタンを飛ばす人、皆さまお祭り気分で
とても賑やかです。
410 (6363) 460 (6363)
 大きな蓮花の形の美しい電飾の船。前方に見えるのは水神の乗り物でしょうか。
       431 (63)
 タイ建築のサラ(あずま屋)型の屋根のホテルの船や、スパンナホン(聖鳥ホン)の頭部を模した船。それぞれがタイならではですね♪
455 (6363) 442(6363).jpg
 静かな夜の川も今夜はとても幻想的。
467(6363).jpg 492 (6363)
 停泊した船の脇には、人々の燈篭がいつまでも揺らめいています。
       490 (63)

481 (6363) 485 (6363)
| タイの文化 | COM(0) |
2009-11-03 (Tue)
 スクムビット通りにお店を出すロイカトーンの燈篭屋さん”日本人の親しい友人がいるのよ~”と私にまで親切にお話しをして下さる店主さん。
       349(63).jpg
 こちらのウリはエコを意識したパン素材。写真をお願いすると綺麗に並べ変えて下さり、看板には「カメ・魚・ワニのカトーン(台)を流してブン(好いこと)をいただきましょう」と。
       356(63).jpg
 背中には様々な文字が。中でも最も多い文章はコチラの「รัก(お慕いします)ในหลวง(王様を)」でした♪
       368(63).jpg
| タイの文化 | COM(0) |
2009-11-03 (Tue)
 約一年間通った料理のレッスンも本日が最終日。タイを代表するオリエンタルホテルのタイ料理レシピ70品は、スープに始まり、ご飯もの・麺・肉・魚・エビ・野菜、そして伝統のデザートに至るまで本当にバリエーションに富んだもの。
バンコク暮らしをはじめ、大好きなタイ料理を外で食べる際に自分で材料や調味料、作り方が
分かっているとそれだけシェフの傾向や店の特徴に気付き、自分で作る際にも役立つため、なるべく早くから学びたかった習い事。
そんなレッスンは毎回細やかな説明をいただき、バンコクに来る前から作れた料理ですら、お国の人に実際に材料を使いながら指導を受けないと分からないヒントがいっぱい伺えたのはホントによい勉強になりました。

さて、朝には、授業の終わりに先生へお渡ししたいと思ったお礼のプワン・マーライ(花輪)を作っていただくため花屋に寄りまして...
038(6363).jpg 037(6363).jpg
 お二人分、丁寧にヨロシクね!と。
041(6363).jpg 040(6363).jpg
 そのお花は修了書をいただく際に。 ありがとうございました♪
今回の卒業は3名。レッスンは終わっても”タイ料理好き”という共通項は素敵なご縁を生み、
これからも一緒に美味しいタイ料理の店を食べ歩きにいくお約束も♪
          022 (6381)
(こちらは先生が私達のために記念に彫って下さったお花の石鹸♪ 嬉しくていつも眺められる棚へ~♪ )
| タイの学習 | COM(0) |
2009-11-02 (Mon)
 こちらは62周年記念のデパートのフラワーデコレーション。各階のエスカレーターホールは
豪華な花の香りに包まれ人々で大賑わいです。それにしても、タイの皆さまはホント写真が大好きなのですね。
皆さま綺麗な花を見ると必ずカメラや携帯を取り出して、自分も加わっての撮影大会♪
花の輪から顔を覗かせたり、ポーズをとったりまるでモデルさんのよう。
       038 (63)
 そんな心理を見越して造られたような花の壁。このまま見るよりも人々が加わった方が、植物が人を引き立てとてもキレイ!
       059 (63)
 どこを切り取っても素敵なアレンジ。
       115 (63)
 
133 (6363) 103(6363).jpg 
 地上からエスカレーターの吹きぬけへのディスプレイはタイならではの南国調でした。
053(6363).jpg 081 (6370)
| タイの花 | COM(0) |
2009-11-02 (Mon)
 バンコクにあります老舗デパートの「セントラル」。その62周年を記念してのフラワーイベントがありました。チッドロムの館内と屋外とにブースを分け、タイの有名なアーティストによるフラワー
アレンジとタイ全土から集められた希少なスイレンと蓮花の展示会。
       245 (63)
 睡蓮も蓮も日光と開花時間との兼ね合いがきちんと決まっており、先日夕方に寄った際には
萎んでしまった花もチラホラ。その場にいらした方に”正午に来ると一番花が咲いていていい”と
教わり本日は午後一で♪
普段はお目にかかれない品種もありどの花も綺麗でしたのでご覧下さいな♪
 (看板表記のあったもののみ名前も載せます)
256 (6363) 266 (6363)
(左) 【 บัวยักษ์ออสเตรเลีย】 Gigantea Albert De Lestang  (右)芸術的な美しさ
167 (6363) 296(63622).jpg
(左)外側4枚の花弁は白く内側の紫がよく映えます(右)【 สุปรานีพิงค์】 Supranee pink 
206(6363).jpg 157(6363).jpg
(左)南国の植物らしい華やかな色彩の花。
124(6363).jpg 234 (6363)
(左)【 เหลืองทอง】 Luecang Thong     (右) Rinlaubol
201(6363).jpg 134(6363).jpg
(左)【 ขาวมงคล】 Khao Mongkol
223(6363).jpg 180(6363).jpg
(左)【 แสดชัยผพล】 Sadchaipal サーモンピンクから黄への美しいグラデーション
                (右)【 บัวยักษ์ออสเตรเลีย】 Gigantea Albert De Lestang
138(6363).jpg 172 (8463)
(左)この花もちょっと惹かれます     (右)【 นิมเฟียไมนตต้า】 Nymphaea Minuta
155(6363) (2) 236 (6363)
               (右)【 ชมพูมะเหมี่ยว หรือแดงมะเมี่ยว】 Dang Mamiou
295(63).jpg 186 (7663)
        (中央・左下)【 นางควัคฟ้า】 Nahgkwang Fah
 今回初めて見ましたこんな形の睡蓮。小ぶりで上品な藤色の花弁にまるでバンザイをしているような可愛らしい葉っぱ♪ 笑みのこぼれるそんな花でした。
       206(63).jpg
(中央・右上)【 นางควัคฟ้า】 Nahgkwang Fah
横から見るとこんな感じ♪                 (右)Pink Passion
210(6363).jpg 212(6363).jpg
(左)【 มิสสยาม】 Miss Siam          (右) Nangkwang Oldrose
197 (7563) 175 (6363)
(左右)ロングウッドハイブリド 子供なら浮かびそうな大きな葉が特徴的です。
241 (6363) 242 (6363)
        【 ฉลองขวัญ / คิงออฟสยาม】 Chalonh Kean / King of Siam
       244(63).jpg
 バンコクに来てから興味をもった睡蓮の花。今後も新たな出会いが楽しみです。
| タイの花 | COM(0) |
2009-11-02 (Mon)
 本日はこちらのタイで製造されている甘酒を使っての「鮭の粕漬けもどき」を♪
       104 (63)
 少し糖分が多いので、お醤油大ヒ1と塩で塩分を足し...
       106 (63)
 そのまんま漬け込み焼くだけ。外出前の朝の時間にさっと作れば、夜にはちょうどいい風味に♪ な~んて便利で簡単なのでしょう!日本の酒粕も大好きですが今はここにある素材で美味しく
暮らせたら♪
107 (6363) 110 (6363)
| タイでの料理 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。