12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-28 (Thu)
             【 บ้าบิ่น(バービン) ~ タロイモ・ホットケーキ ~
 大きな鉄板の上にチビッコく並べられ焼かれるお菓子。それがタイ伝統菓子の一つ「バービン」です。
       058 (63)
 タロイモ・ココナッツ・ココナッツミルク・粉とで作られた生地が、ホットケーキの様に表面芳ばしく仕上がって。
       052 (63)
 優しい藤色はタロイモの色。何枚もくっついてしまったものを剥がすと中から千切りココナッツ
が顔を覗かせ♪ このシャキシャキとした触感と甘いココナッツ風味がタロイモのやんわりとした
味わいに特徴を重ねます♪
スパイスの効いたタイ料理や甘さの強いタイ菓子が多くある中で、これはお喋りに花が咲くお友達同士でもついついお次に手が伸びる、そんな一品です。
055 (6363) 059 (6363)
スポンサーサイト
| タイの食 | COM(0) |
2010-01-28 (Thu)
 シーロムにありますラライサップ市場・・・それはあまりに沢山の品物が手頃な値段で取引されることから「お財布がすっからかんになる市場!」と呼ばれるところ(^^)
先月は食事を済ませて来ましたが今回は「食べさせたいものがあるのよ~」とのお友達のお誘いに、ちょっと早めの待ち合わせ。
       【 ทอดมันปลา (トート・マン・プラー) ~魚のすり身揚げ~
 市場の通りに充満する美味しそなツミレの匂い。まだ11時過ぎですがすでに店の前には行列が・・・
       020 (63)
 よく練り込まれた魚の餡は一口大に千切られ大きな鍋に放り込まれ、こんなふっくらな仕上がりに(写真を撮らせていただいたところ、わざわざ網でしゃくって見せて下さったおじさん、ありがとうございました!)
021 (6363) 024 (6363)
       【 ข้าวคลุกกะปิ (カーウ・クルッ・ガピ) ~エビ味噌ご飯~
 コチラお友達オススメの五目ご飯です。ショーケースに用意されたトッピングを「ガピ」という海の小エビを発酵させて作った味噌で味付けしたご飯に添えたもの。
026 (6363) 027 (6363)
 お皿から上る美味しそうな香りはたまりません♪
       028 (63)
 さあさあ、近所の会社の昼休みが始まる前に食べなくては~
030 (6363) 031 (6363)
 一皿を二人でシェアーしたので、トート・マン・プラー(30BTH)とカーウ・クルッ・ガピ(30BTH)で一人30BTH(100円)。それでこんなに素敵なランチなんて、な~んて幸せなことでしょう♪
肝心なお味も最高です。ガピご飯は、豚の甘煮・酸味の青マンゴー・サッパリとしたきゅうりに、
ピリッと唐辛子。カリカリ旨みの小エビに香り高い赤玉ねぎ&パクチー、柔らかい薄焼き卵が相まって♪ お友達が言うようにタイの味覚を象徴する「辛い・しょっぱい・甘い・酸っぱい」4つが口の中に広がります。
「トート・マン・プラー」も中に入る食材(魚のすり身・インゲン・チリ・にんにく・レモングラス・赤玉ねぎ・コブミカンノ葉等)の説明を聞きながら味を確かめ♪
       033 (63-)
 幸せ気分のランチの最後にはこんな驚きのプレゼントが!童心に帰るようなお菓子の山を友人からと、昨年日本でお世話になった方から事付けのお土産が。お抹茶菓子とお手製のブローチ♪なんて思いもよらぬ喜びを!
お友達のお誘いにはこんな秘密があったとは。皆さまのお心遣いどうもありがとうございました♪
035 (6363) 063 (6363)
| タイの食 | COM(0) |
2010-01-20 (Wed)
         【 มะขามเทศ (マカーム(タマリンド)・テート(外国))
                     ~金亀樹(キンキジュ)~
 最近よく市場や商店で見かけ色んな人から「甘いよ」「味見していいよ」と声を掛けられるコチラの実。これは外来種のタマリンド「マカムテート」です。
どっかのドーナツを思わすような形の房の中には、スポンジ状の柔らかい実が詰まっておりまして
       025 (63)
 中身だけを取り出してのこんな売り方も♪ しきりに勧める店員さんから一個お味見をいただくと、確かに淡い砂糖菓子のような甘みが♪
               026 (6363)
 インドやドミニカ共和国では街路樹にもなっているほどポピュラーな果実。それにしてもタイの
マンゴーやランブータンなど、食用果樹が街路樹な街ってなんだかとっても憧れるんですよね♪
       028 (63)
| タイの食 | COM(0) |
2010-01-18 (Mon)
 今まで避けて参りまして・・・それがタイ国技の「ムエタイ」観戦です。日本でも格闘技は全く
苦手なため、親しい友人からの薦めもこれだけはお断りしていましたが・・・
17日は賑やかな商店の並ぶシーロム通りが一日限りの歩行者天国となり、珍しい出店も出てのお祭りが開かれ、ムエタイ教室の子供たちのイベントも。
003 (6363) 109 (6363)
 試合に出るらしき子供が可愛らしく支度をしていたので、ちょこっと覗いてみまして。
007 (6363) 029 (6363)
 愛らしい女の子もキメのポーズをとると目つきは一気に格闘家!スゴイ・・・
       046 (63)
 さっきまでケラケラ笑ってじゃれ合っていた二人もこんなに凛々しく。
       047 (63)
 頭上の綱は「モンコン」、腕に結ぶのは「パープラチアット」どちらも勝利の願掛けのもの。
057 (6363) 056 (6363)
               【 ไหว้ครู 】 ~ワイ(合掌)・クルー(恩師)~ 
 これは試合前の儀式で、闘鶏の鶏のように様々な方面を向き、様々な動きの舞いをしながら、師への感謝と戦いの祈りをしているのだと。
       076 (63)
 子供たちの生演奏に合わせての鳥の舞い。
087 (7963) 084 (63)
 本試合前の余興・・・だとしてもやっぱりドキドキしてきましたので、もうこの辺で。。。
092 (6363) 090 (6363)
| タイの文化 | COM(0) |
2010-01-18 (Mon)
 今日は思わぬ嬉しいことが♪ お友達が野菜を使ったお手製ケーキをプレゼントして下さり♪
これは「ケック・オ・サレ(塩ケーキ)」というフランスの伝統菓子なのだそうですが、控えめな甘さの中で食材となるカボチャや小豆の自然な風味が際立ち、最高に美味♪ 緑の葉の色彩も卵色の生地も目に美しく・・・
       129 (63)
 ウキウキ気分でお茶もセットし音楽もかけてのティータイム。
       127 (63)
 選んだのは広東省の「鳳凰単ソウ芝蘭香」。少しばかり渋みを利かせ、ケーキをいただいてからじっくり余韻を。
どうもありがとうございました~!
140 (6363) 132 (6363)
| マイお茶・中国茶 | COM(0) |
2010-01-17 (Sun)
 夕方スクムビィット通りを歩いているとどこからか魚の芳ばしく美味しそうな香りが漂ってきて♪
               【 ปลานิล(プラー・ニン) ~ ティラピア ~
この魚、実は日本との深い関わりがあり1965年に陛下からプミポン国王へ贈られ種苗を国民へ配られた特別な魚なのだとか。
       011 (63)
 今はお口にぎっしりレモングラスを詰め込み柑橘香を付けて、一般市民の胃袋を満たしています。
       008 (63)
| タイの食 | COM(0) |
2010-01-16 (Sat)
 去る1月8~10日「アジア×欧州の団体対抗戦」ロイヤル・トロフィーがまたバンコクで開かれました。今年も石川遼選手も参戦するとのことで今回3日目の最終日に観戦してきまして。
           028 (63)
 朝の練習場では各チームの選手がウォーミングアップの素振りから本気モードのショットまで。アジア贔屓の日本人観客の前で、リラックスした小田孔明選手はニアピン&ホールインワン!!この後の試合に期待し興奮する観客へ笑顔で「イヤイヤ、僕プロですから。この程度で拍手しないで下さいなー!」なんて余裕なしぐさ♪
 036 (6363-) 030 (63)
 メディアに応える遼選手。
       050 (63)
 人一倍多くのショットを繰り返し、日頃の練習を思い出していたのでしょうか。
060 (6363) 052 (6363)
 対する欧州チーム。アジアチームは時間差で練習に参加するのに対し、欧州チームは集まりは各々であっても最終的に皆揃い、互いの様子を見あったり自分の世界に入ったり。
062 (6363) 071 (6363)
 念願の遼選手の力強いドライバーショットも1mの近さで何回か拝見し、フェアウェーウッドも♪ また余裕のP・ハンソン選手が待ち時間にバナナをムシャムシャ頬張る横で、表情を堅くする姿にメンタル面での戦いの厳しさも。
この試合をバネに2010年遼選手の活躍を応援しています!
       098 (63)
| タイの催しもの | COM(0) |
2010-01-16 (Sat)
 こちらはここ数ヶ月のお気に入りTea。中身はマルベリー(桑葉)をベースとした黒米ブレンドのお茶です。タイを代表するスパのプロダクト商品なのですが、桑葉は日本でも古くから飲まれて
来た通りその「抗酸化作用」や「血糖値を下げる」等の薬効が有名なところ。
             226 (63)
 そこに加えた「黒米」。日本の玄米茶の様にほんのり甘く芳ばしい風味が舌にのり、全身に広がるさまは何とも懐かしく。
       220 (63)
 抽出後の青みがかった色味には好みがあるかもしれませんが、少し疲れた体を温めホッコリ
するにはとても良いお茶♪ ただ私もそうですが血圧の低い方は飲みすぎ注意でしょうか。この
黒米、自分でも炒ってイロイロなブレンドを楽しんでみたいです。
               223 (6370)
| タイのハーブティー | COM(0) |
2010-01-15 (Fri)
        【 ผักดอกไม้จีน (パック・ドックマイ・ジン) ~ 中華花菜 ~
 お店の方に聞くとこんな名前だと仰るのです。でも「中華花」って何と大雑把な。大抵バンコクで見る中華系の野菜や果物は大連時代に常食していたものばかりで馴染みが深いのに、この花
だけは見たことがありませんでした。
       043 (63)
 開花前の堅くつぼまった花弁はまるでドリルのよう!柔らかく瑞々しい花は、店の人やその場にいたタイの方々に「炒めものにするといいよ」と教わり早速調理を。
044 (6363) 048 (6363)
 オリーブ油を少し多めに使って作るふわふわ卵・甘~いパプリカ、そしてじゃこ。とってもシンプルにしまして。このお花、思いの外(といっては失礼ですが)なかなか新鮮な歯触りで美味♪
また入荷したら今度はお蕎麦やちぢみにも入れてみましょうか。
       058 (63)
| タイでの料理 | COM(0) |
2010-01-15 (Fri)
 自分の好きなものを共感できる瞬間ほど嬉しいことはないですね。中国茶のことが知りたい♪
というお声をいただての今回の Tea Time 。昨年贈りもので頂戴し特別な時に飲みたいと思っていた「東方美人」を開けるに相応しい機会が訪れまして♪
中国茶って何かしら~、愉しみは~、種類は~、淹れ方は~などなど、形に捉われることなく
お友達の目の輝く方向に合わせて断線することを楽しみ。これこそ其々のお方ならではの興味が広がるお茶の奥深さと愉しみです♪
             170 (6370)
 お友達と飲む格別な余韻に浸りつつ、お次の用意。2種目は皆さま同時にご自身で淹れていただくことに。選んだお茶は先月表参道で入手した「安溪鉄観音」花香と女性的な優しいお味の烏龍茶です。
一人で心静かに飲むお茶ももちろん美味しいのですが、友人との Tea Time では静寂よりも
賑やかな方が好きな私です。こうやってワイワイ、キャ~キャ~賑やかに手を動かしお喋りしながら、慣れ親しんでいくこれも素敵な時。
       065 (63)
 茶菓子には、日本土産の砂糖煎餅やタロイモチップス・定番のピスタチオ・マスカットなどを揃えておりましたら、皆サマ、素敵なお土産を!!
洋菓子では断トツクッキー好きな私♪ 偶然でありつつ、ついついお茶も忘れてつまみたくなる色んな種類のクッキーに♪♪♪ (右上)
またコチラはお手製の野菜&果物チップス♪♪♪ (左下)
       070 (63)
 今まで野菜チップスでは「蓮根」が大好きで、お次は「ポテト」。でも自分で作る時には揚げていましたが、今回いただいたのは”焼き ”タイプ。”揚げ ”と違ってと~っても時間のかかる作りだそうで、味付けもお菓子職人でいらした技の光る工夫の数々で全てが違う味わいに♪
レンゲに入るのが一番気にいった「青パパイヤ」チップス。果物の凝縮した風味は思いもよらない旨みを生み出し、やめられない美味しさでした♪

お茶を通して繋がるお人との縁、それはこの私にはかけがえのない有り難いもの。どうもどうも
ありがとうね♪
       071 (63)
| マイお茶・中国茶 | COM(0) |
2010-01-13 (Wed)
 立派な邸宅の並ぶスクムビット地区。その中をタクシーに乗っていると道端に沢山の木の実が・・・
       015 (63)
 後日散歩がてらに歩いてみると、やはりそれは大きな大きなチョンプーの庭木。
       017 (3-63)
 枝にはたわわに実る桃色の実♪ 高さ5~6mもあるこの老木の実はどんなお味がするのでしょう。
       025 (63)
 鳥が啄ばんだにしては大きく食べられた痕。リスが齧ったかそれとも他の動物か・・・足元に転がるチョンプーをつま先で突っつきながらこの邸宅のお庭に広がる素敵な楽園を想像し。
              006 (6370)
| タイの花 | COM(0) |
2010-01-12 (Tue)
 またまたチョンプーの花の季節になりました♪
       028 (63)
 タイの料理本を眺めているとチョンプーの花のヤムはタイでは有名な家庭料理の様ですが、未だチョンプーの庭木を持つタイのお友達がおらず、残念ながら私にはそのお味は未定。いつか
・・・いつか・・・と願うこの繊細なお花です♪
       029 (63)
| タイの花 | COM(0) |
2010-01-12 (Tue)
                 【 ผักปลัง (パックプラン) ~ツルナ~
 以前に国内旅行イベントの北部料理ブースでつまんでから、もう一度食べてみたいと思って
いましたこの野菜。タイの北部で栽培される元は野草の「パックプラン」です♪ 蔓状に長く伸びる茎の先には柔らかな葉をつけていますが、下部の葉は少し肉厚でこれだけでもおひたしなどに
向いていそうです。
       022 (63)
 一番食べたかったのはこのお花の蕾部。ピンクがかった小さな蕾が無数にいついていて茎ごと茹でていただきます。北部料理では家庭の味ナム・プリック(チリペースト)をつけてそのまま食すことが多いようですが、以前お話ししたタイの方に「スープに入れるのもいいよ」とお聞きしたので今回も。
       033 (63)
 一緒にいれたのはチェンマイの「細茄子」と「ハヤトウリ」。
       041 (82)
 スープを作っていましたが・・・何だか具をタップリ食べたくてこんな盛り付けに!
チキンブイヨンとナムプラー・椰子砂糖・ちょっとだけ生姜も加え。整腸効果もあるというこの野菜。目にも可愛らしく、お味も美味しく、どんな食材とも調理法も合わせられ♪ もっとバンコクの市場でお目にかかれるといいのですが。
       063 (63-)
| タイでの料理 | COM(0) |
2010-01-11 (Mon)
 タイにおいて民間療法の一つにインドのアーユルベーダの流れを汲むボディーエレメント(4つのタートゥ)というものがあります。以前にも少しお話をしましたが、これは人の体を誕生月にて4分割し各々の体質を特徴つけ、それに合った健康法・食事・医療を提供するものです。
以前から”自分のエレメント(タートゥ)に合う”と言われる適合野菜や果物・料理の味については知っていましたが、直接その素材を使って作る推薦料理を食べてみたいと思っていたところ今回チャンスが訪れまして♪
      
      スコー・カルチュラル・スパ&ウェルネス・リゾート
 こちらはタイ医師のプロデュースによるスパで、食事のみならずエステ・マッサージ・サウナなど様々なメニューを設けて身体の内外から美と健康を生み出すことを目的とした複合施設です。
ということで食事の前にはフェイス&ボディーエステで日々の容赦ない日差しに弱った肌を再生させてから食事をいただきました。
  137 (6363) 139 (6370)
 食事はエレメントの「土・火・風・水」料理と血液型「A・B・AB・O」料理とありまして好きなものを選べます。私が選んだコチラは「火エレメント」セット。
 ・ 椎茸・人参・ハヤトウリの芽・挽き肉・豆腐のスープ
 ・ 豚肉とカボチャのガーリック炒め
 ・ 揚げ空芯菜と香り玉ねぎ・西洋パクチー・カシューナッツのチリソース和え
 ・ 赤&白米  ・ハミウリ
本当は「火エレメント」の人には何故この料理を提供するのか、野菜の話・調理法・味覚の話など医師の見解をお聞きしたかったのですが、残念ながら日本人のスタッフの方からも「そこまでは分からない」とのお返事で。
このお料理をいただきながら「アレヤコレヤ」とクルクル考える・・・そんな食卓でした。
        143 (63)
 住所: 5/10 Moo 3 , Chaofa Rd, Amphur Muang, Phuket
 TEL: 076-26-3222
 HP: スコー・カルチュラル・スパ&ウェルネス・リゾート
| タイの食 | COM(0) |
2010-01-10 (Sun)
 健康には自信がありましたが不覚にもタイハーブスープにオマケのような入っていた小さな
エビ・・・それに中ってしまい、お粥と布団とで迎えた2010年。やっと先週末からリズムを取り戻してのバンコク生活です。
さてさてプレゼントいただいた日本のカレンダー、其々の1月の美しい図案にウットリしつつ、この真っ白な欄を素敵なスケジュールでいっぱいにしたいな~♪ と。

           035 (63)
 ありがとうございました♪ 大切に使わせていただきますね。
| タイの暮らし | COM(0) |
2010-01-01 (Fri)
 2009年も新たな素敵なお人との出会いを喜び、皆さまとの変わらぬご縁に感謝するそんな
嬉しいお年でした。
       130 (63)
 今年もそんな素敵な年になれたなら。本年もどうぞヨロシクお願いいたします♪
       136 (63)
| タイの暮らし | COM(3) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。