123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-07-10 (Thu)
 オリエンタルホテルで販売している「ソムオージャム」を食べたときから、一度自分でも作ってみたいと思っていました。私はもともとあまり糖分の強いジャムより果物の風味が強く効いたものが好きで、その一番は学生時代に食堂で出たイチゴジャム。丸のままのイチゴをひたすらひたすら煮込んだ酸味の効くそのジャムが大好きでした♪
 その長期保存には向きませんが風味を活かしたジャム。今回やってみましょう!!
農薬が怖いのでよくよく洗い、亀の子だわしでもゴシゴシと。
       052 (3)

 皮の内側の白いところは確か苦かったハズ。。。と、少しは残しましたがなるべく削ぎ落とし。
       057 (3)

 3度ほど煮こぼしては湯を捨て、水洗い、煮こぼして、水洗い。。。
       065 (2)

 その後水につけて一日。水を換えてまた一日。。。 冷蔵庫が狭い・・・
       070 (2)

 実をほぐして、その上に薄切りにした皮、砂糖(キビ砂糖使用)をのせて丸一日置きます。
すると砂糖が溶けて全体に馴染み・・・
       005 (2)
 やっと煮ます♪ ・・・がうっかり他のことをしながら煮ていたら水分が無くなってしまい唖然。
かといって水は加えたくないので、スーパーで新たに剥いたソムオー1パック購入。
それを煮たものと混ぜて出来上がり!(夜の撮影なため色が変↑ですが、実際はこの下↓の色に近いです)
       012 (2)
 私としては出来立てのジャムよりも、瓶に詰めて一日置いた方が皮も全てがしっとり馴染んで好きです。また皮の苦味が気になる人用に、半分はフードプロセッサーであら微塵にしました。  この方が苦味が和らぐように思います。
       080 (2)
 【基本】 柑橘:1個  砂糖:皮の重量と同量  実:1/2個 
 【今回】 ソムオー(ザボン):小1個  皮の重さ:180g  砂糖:140g  実:1・1/2個 
皆さまもご自身好みの美味しいジャムをどうぞ♪

 【おまけ】 皮を湯でこぼしていたお湯3杯は、湯船に入れて”ザボン湯”にしてみました♪
        香りもさながら、驚くほど綺麗な黄緑の(蛍光色みたい)なお湯でした。
| タイの暮らし | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。