123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-08-06 (Wed)
 バンコク市内にはチャオプラヤー川と支流とが流れており、”船通勤”の方もある街です。
自宅の近所を流れる支流の船もまだ乗ったことがないのですが、今回は外出先がチャオプラヤー川の畔ということもあり、慣れたお友達に案内してもらい船に乗って帰ることにしました。

 場所は「カオサン」。外国人観光客も多く泊まる宿場町。小道を幾度も曲がりくねり、ここは  はぐれては大変です。暫く歩くと細道の一角に下げられた目印の看板、発見。
       039 (2)
 さすがお友達!方向音痴な私には決して行きつけない場所です。
       038 (2)
 待合場を抜けて切符を購入し、船着き場へと向かいます。
       040 (4)
 この川はどの船着場にも通し番号がつけてあり、始発は30番の「Nonthaburi」。
今回は途中13番「Phra Arthit(上流のピンク●)」から乗船し、終点「Sathorn(下流のピンク●)」までの船旅です。
       002 (3)
 料金は片道22バーツ(73円くらい)
       043 (2)
 こちらが本日乗りました船。客室も広くて立派です。
しかし川の水を覗けば濁ったお色。。。これでは川に棲む魚やカメやワニを見ることは望めそうにありません。残念。。。
       048 (2)

       051 (2)
 船の中では終始外に見える建物の説明が聞けて、今まで陸の上から眺めていた景色の目線が変わる愉しみを堪能しました。
       054 (3)
 エメラルド寺院の上には青く晴れた空♪
       056 (2)
 暁の寺。。。ワット・アルン
       057 (2)
 30分前後の小旅行ののち無事「Sathorn」駅へと着きました。
       067 (2)
 普段は都市の中でも殆ど東~中央エリア内でバスや電車での移動の暮らし。しかしたまには こうした電車の走らぬ西エリアへも足を運ぶと、全く違った世界の広がるこのバンコクでした。
| タイの乗り物 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。