12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-10-28 (Tue)
                 【ยำส้มโอ】ヤム・ソムオー
 街のいたる所で一年中売られているソムオー。そう。ザボンです。大きな瑞々しい房はいつ食べても美味しくて、日々強い紫外線にさらされている私達の肌にはビタミン補給としても強い味方。

まだバンコクに来て間もない頃、あるお店でこのソムオーがメインとなるこのサラダを食べてからぜひ作り方を知りたいと願っていた一品。今日は手芸の先生が以前地元でタイ料理レストランを開いていた…との経緯を聞き、レシピを教えていただけることになりました。
       RIMG0007 (2)
 その殆どがザボンで作られているように見えるのに、ミカンの酸味以外にも甘くて複雑なお味のする和えもの。その材料を見て納得。こんなに色んなものが入っているのですね。
ちなみにキャベツは、先生お得意オイスター炒めおまけ用。右の白い細かなものはココナッツ。
時間をかけてキツネ色になるまでから煎りします。
035 (2) 051 (2)
 干しエビはさっと表面を炒って香りを出して臼でトントン。右の原型を留めない状態まで潰します。この先生の美しい手の反り。以前優雅なタイ舞踊の舞いを一瞬見せていただきましたが、何をするにも美しい形。またこの臼を搗く時の女性の姿勢には、横っ座りで棒は中央に向かって
縦に振り下ろす・・・など決まりがあり、今日は私たちもタイの花嫁修業。
037 (2) 043 (2) 
 酸味を加えるためのタマリンドは湯で戻し、ピーナッツは炒って皮むき。
045 (2) 046 (2)
 小さな玉ねぎとニンニクはココナッツと同じくらいのキツネ色までたっぷりの油で揚げます。
042 (2) 053 (2)
 ミントの葉とひたすら解したザボンの房も準備OK。
060 (4) 069 (2)
 タマリンドペースト・煮詰めたヤシ砂糖・潰したピーナッツ(一部)・ナンプラー(タイ醤油)・・・・
などでソースを作ります。ソムオーにココナッツ・ニンニク・玉ねぎ・干しエビ・ピーナッツ・・・と材料を加え
076 (2) 081 (2) 
 ミントとソースを絡めて出来上がり。 コレですコレコレ。お店のよりも美味しい~♪皆さまにも  いつかお作りしますね♪
087 (2) RIMG0010 (3)
| タイの食 | COM(4) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。