12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-10-24 (Fri)
 橋に頬杖つきボンヤリ何気なく水路を眺めていると、不自然な波と共に何かが顔を出しこちらへ向かってきます。ワニだわ ♪ワニワニ。鼻の穴が黒く見える・・・目玉はどこ?・・・どこまでが顔  かしら・・・と嬉しくなって覗いていると
       091 (3)
いきなり水面に出した頭はヘビでした。あのヘビ、泳ぎながらベロ出してる~ははは~
       093 (2)
・・・・・!?あら?あれ、肩かしら?すごく姿勢よく両腕を脇にくってけてる・・・
       094 (2)
体長約80cmの巨大な体。しかしその謎の彼は軽やかにス~イスイ、素知らぬ顔で泳ぎ去っていきました。なんじゃあれは・・・・・背中の縞と水玉の柄がゆかた生地みたい。
       095 (2)
 後に草むらで寛ぐ謎の彼を発見。さっそく近くにいた警備員さんに聞きノートに名前を書いてもらいました。ทัวเงิน-ทัวทอง ミズオオトカゲという”トカゲ”。
生活圏内で野生のこのような生き物に出会えるとは何とも面白い暮らしです。
(爬虫類ギライの皆さまゴメンナサイ)
       039 (3)


| タイの生物 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。