12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-04 (Sun)
 モン族村「ドイプイ植物園」 
こちらはチェンマイ郊外標高1670mに位置する山岳地帯「ドイプイ」。中国雲南省からラオスを経由し19世紀半ばに移住してきたモン族という少数民族の村です。限られた地形を生かした農業と手工芸品、観光収入によって生計をたてており、伝統的な信仰は自然界、山・風・光、それから家屋にも存在するとされる精霊崇拝を守ってます。
       234 (67)
 この土地に来ましたのは今回が二回目。一回目はまだ20才の夏。伯父家族に連れてきてもらった初めての海外旅行での一日でした。バンコク暮らしの伯父が、この地形も気候も「日本の田舎みたいだ」と目を輝かせ歓喜の声を上げていたことが今でも鮮明に残っています。
確かにひんやりと肌に涼しい風と山頂から望む景色は都会暮らしの心にはなんとも和む懐かしさですね。
       240 (63)
 景色に溶け込んでしまう子供達の遊ぶ姿を見て、この民族衣装の色彩感覚はやはりこの自然の中から生まれ出たものなのだと実感します。
       249(63).jpg
 貧しい農村地帯では、嘗てはこの一輪のケシによって闇の世界に手を染める暗い時代もありましたが、国王の計らいにより技術支援と資金援助を得て、現在は観光鑑賞用の栽培のみになりました。
       220 (67)
 「モン族の手工芸品」 ~刺繍~ 
多くの皆さまがご覧になったことのあるでしょうモン族の刺繍。クロスステッチです。この柄は一見花模様にも見えますが、実は「ゾウの足跡」を表したもの。
       RIMG8637(63).jpg
 こちらが元の形。右上から左下に向かって斜めに足跡が刺繍されています。中央にある丸い二つの渦巻きがゾウの爪あと。他の絵柄を見てもどの布にも簡略化されたものや入り組んだ複雑な柄と違いはあるものの、どれも同じような文様を見つけるため伺ってみると、移民であるモン族にとってゾウは自分達には近づけない神聖なもの「王や神のみの乗りもの」であることから、刺繍柄は全てこの「ゾウの足跡」に限られるのだそうです。
         RIMG8637 (2)(2-150)
 では「足跡」というところを不思議に思う人もあるかも知れませんが、ここから先は推測ではありますが、タイの仏教でも昔はお釈迦様の姿をそのまま拝むということはなされず、釈迦が修行で土地を離れるときには代わりに釈迦の足の裏を象ったものや菩提樹を拝んだ時代もあるので、神聖なゾウの足跡も一種のお守りのように考えられ、自分達の大切なもの、狩の道具入れ(吹き矢を入れる袋)や財布(長くモン族の通貨は銀の塊だったので、大きな財布には銀がゴロゴロ入れられていた)などに刺繍し肌身離さず持ち歩いたのではないかと想像します。

 ~おまけ~ こちらは街で購入したお財布。今ではこんなゾウ柄も出て、これはこれでその色彩感覚の面白さに人々の目も愉しませてもらっています。       
       009 (2-63)
| Chiang Mai | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。