12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-04 (Sun)
 このお正月はチェンマイにても新年のお参りをして来ました。チェンマイはスコータイ王朝と平行して建国されたランナータイ王朝(1296-1558年 )時代の首都。その語源はチェン(都)・マイ(新しい)であり、今でも「タイの京都」と呼ばれる地域です。
 「プラシン寺院(Wat Prasing)」入り口でお供えを買うため並ぶ店々を覗くと、その中で真っ先に目の合ったおばさん。まるでこの方自身が仏さまのようないい笑顔でしたので嬉しくなって写真もお願いしました(手には購入した花・線香・私の誕生曜日(木曜日生まれ)の文字が刻まれた
ロウソク)
086(63-62).jpg 087 (63-62) 
 門をくぐり蝋燭に火を点してお参りしてから入ります。
088 (71-63) 093 (63-62)
 「ヴィハーン・ルアン(Viharn Luang)」
本堂には当時のカウィラ王を模した「プラ・チャオ・トン・ティップ(Phra Chao Thong Thip)」
仏坐像が祀られています。この仏坐像の前方左右には多くの仏像が安置されておりますが、これらは全てがお釈迦様。同じ仏教国と言いましても日本が大乗仏教に対して、タイは小乗仏教・上座部仏教ですので、この国には阿弥陀様、観音様、薬師如来、明王・・なるものは存在せず、釈迦を唯一仏とし手を合わせ、日常生活において現世の徳を積み自らを律する暮らしを行うことによって、来世へのご利益をと願っています。
       127 (63)
 バンコクと同じく吊り下げられたお賽銭。裏側には干支模様の用紙に氏名・生年月日などが記入され、一家庭が一つの帯に纏められています。
   130 (63-62) 131 (63-62)
 一つ面白いお話。お釈迦さまの頭上天井に飾り付けられた干支。もうお気付きでしょうか?
日本では「猪」、中国では「豚」、そう、タイでは「ゾウ」なのです。しかし実際「ゾウ年」の人がいる訳ではなく、干支は「猪」。しかしこういった寺院の飾りだけは「大きくて立派だから」「ゾウは猪より神聖なものだから」とゾウなのだそうです。こちら以外にもいたる寺院でこの干支にはお目にかかれるので、皆さまもタイならではの風習是非ご覧下さいな。
       135 (63)
 「ヴィハーン・ライカム(Viharn Laikham)仏殿」
この寺院の名の由来となったプラ・シン仏が安置されています。
       107(63).jpg
 
106(63-62).jpg 102 (63-62)
 中央に鎮座している「プラ・シン(黄金仏)」。1467年にスリランカから渡来したものの、歴代の王の手を次々と渡り、複雑な歴史の中でやっとこのチェンマイを安住の地と定められた仏像。
そのお顔つきは何ともいえない柔らかな表情で、姿はその右手を座禅のまま地面を指し、悪魔を退散させ奇跡を起こすという降魔印を示しています。
       099 (63)
 皆、お坊さんに一年の無病息災を祈願していただき、聖水や願掛け紐を受けています。隣でお参りしていた私の腕にも聖水が。
105(63-62).jpg 101(63-62b).jpg
 こちらは本堂の裏手にある「パーユー(Phaayuu)」王が父(カム・フー)の遺灰を安置する為
立てた仏塔。高さ54mもある立派なもの。
       112(63).jpg
 日本でもお墓参りの際には墓石を水で流して清めますが、タイでもその風習は同じ。只一つ違うのは王様のお墓があまりにも大きいので、そこで売られる水を専用の金の筒に移し変え
115(63-62).jpg 114(63-62).jpg
 ロープウェーの如くハンドルを回しながら水を運び、仏塔上部に掛けます。 
116 (63-62) 117 (63-62)
 参拝客のお水で大きな仏塔を清掃していた小坊主さん。お疲れ様でした。
   120 (63-65) 121 (63-62)
 新年からこんなお参りができまして、とても幸せな幕開けとなりました。
(追:タイでは多くの寺院で写真撮影が許可されておりますので、今回も他の参拝客のご迷惑にならないよう写させていただきました)
| Chiang Mai | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。