123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-25 (Sun)
 先週参りましたジム・トンプソンのカフェ。ここはBTSの駅からも近く店内が広いので、平日は時間の許す限りのんびりと寛げます。
「シルク王」として名を馳せたジム・トンプソン。その彼は美食家としても有名で、多くの客人を自宅でもてなしたレシピBOOKも売られているほど。私は特にここのソムオーサラダとトムヤムクン(写真左)が好きです。
RIMG9068 (2-63-62) RIMG9075 (2-63-62)
 食事が美味しいだけでなく私がこのカフェに通う理由は、こちらの本。近所の図書館にはおいていない専門書、タイのテキスタイルに纏わる書籍が閲覧できるのです。こうなりますと食事が終わるのも待ち切れず、次の料理が運ばれて来るまでだけ・・・なんて開くともう止まりません。
       RIMG9074 (3-69)
 一気にパスタを詰め込んで、また開く図録。こちらの美しいイカットはタイ東北部の伝統織物で、時代は映画「王様と私」で有名なチャクリ王朝ラマ4世在位の頃(1860年代)。これはその頃の宮廷衣装。
       RIMG9077 (2-63)
 一枚一枚ゆっくりと比較していくと、家で読んだ話の文様を見つけることができたり、作りの違いに気がついたり、実物を見るのとは違った面白さが持てます。 
さあまた一つ勉強になりました。今度博物館に行く時には、前よりももう少し生地に込められた
意味も読み取れるはず♪
| タイの文化 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。