12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-02-07 (Sat)
 本を読んでもマーケットを覗いても、マッサージを受けても、食事を摂っても、この国の文化の中でのタイハーブの位置するところが多岐にわたり、人々の暮らしと密接に関わりあって来ていることを強く感じます。そんな中で自分は中国での医食同源という考えをもとにタイハーブの分野も生活に取りいれたいと思ってきましたが、今回はもっと根源のところからハーブの概念を学ぶことができました。
 こちらが今回参加した学校。趣味のお稽古事としてよりも海外から専門職の方が訪れる専門機関で、講師の方も北部の有名な農業大学の生徒に教鞭を揮う実力者です。
       RIMG9908(63).jpg
 タイハーブの発祥起源に遡りその歴史、我々が思い描くハーブと伝統医療として捉えられているものの範囲・役割り・療法の違い、タイにおける人間の生まれつき持つ”気”の分類法、健康に害のない安全なハーブ、栽培基準、国家認定組織、現国王の推進する国民の暮らし、そしてハーバルボールに含まれるハーブとその効果、およびマッサージラインなど。
RIMG9915 (6362) RIMG9914 (6362)
 以前から興味はあるものの専門分野になればなる程、通訳の助けなしには知りたい情報の
集めらない分野。もう自分での調べには限度を感じていた時期でしたので、今回は本当に嬉しい
二日間でした。
  【โครงการดอยน้ำซับ (Doi Num Sub) ドイナムサブ
| タイの美容 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。