12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-05 (Thu)
 お料理を習うのは何も料理教室ばかりではありません。こちらが私のフカヒレ先生です。隣り駅BTS「トンロー」にありますフカヒレレストランの料理人さん。
ただいま奥の竹ザルから水で戻したフカヒレを鍋に入れているところ。この真剣な表情もフカヒレを調味料で煮込み出す頃には穏やかになり、興味津々な私に可能な限り作り方、使用している調味料を教えて下さいます。
             RIMG0318 (63)
 初めに秘伝スープ(1)で煮込み始めるフカヒレと蟹のほぐし身。
RIMG0332 (6362) RIMG0338 (6362)
 手前の容器が調味料。右手の大きな鍋も、大量の干し椎茸が調味料で長時間煮込まれて
見るからにエキスタップリ秘伝スープ(2)。
RIMG0322 (6362) RIMG0323 (7062)
 強い火力で調理するのでタイミングが命。仕込んだ清ましスープ(1)を足す手もいとも鮮やか。蓋を握る右手の肩のシミ、この暑い気候のなか屋外での仕事は大変なもので、顔中からポタポタ滴る汗をこの肩が拭っています。
             RIMG0324 (63)
 このとろみとグツグツ♪
       RIMG0344 (63)
 オイスターソースとシーユーカオ(昆布だしのタイ醤油)で味付けしたレタス炒め(小:60B)も
一緒に注文。
       RIMG0356 (63)
 こちらが大先生のフカヒレスープ(小:200B)です。生のもやしとパクチー(香草)も入れて。
濃厚なとろみと柔らかな味わいのスープはシャキシャキとした歯ごたえをしっかりと引き立てます。横には辛子や黒酢もあるのでこちらはお好みで。
       RIMG0361 (63)
 バンコクには数多くのフカヒレ屋さんがあり立派な店構えの高級店もありますが、家族経営らしきこちらのお店はいつ訪れても和やかな雰囲気です。
右手はアワビご飯の蟹あんかけ(小:100B)。ちなみにスープもご飯も具材のフカヒレやアワビをたっぷり召し上がりたい方は、中サイズ以上を注文された方がよろしいかと(小だとアワビは2切れ)でも私はこのサイズで十分です。
RIMG0367 (6362) RIMG0363 (6362)
 今度行った時にはこの鍋の売っているところもお聞きしましょう。
       RIMG0374 (63)
  頂上魚翅 味道新鮮 : BTSトンロー駅下車、スクムビット通りをエカマエ方面に徒歩1分。
             RIMG0378 (63)
 その後、お家で「もどき」を作ってみました。各スープはご機嫌なお味。フカヒレ?今日は無いのでエノキダケで代用♪ アワビ?エリンギで♪ これでいつフカヒレとアワビを戴いても美味しく料理できます。あとは届くのを待つだけ~
| タイの食 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。