12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-16 (Mon)
 「今、どうしてもコレが食べたい!」という気分の時ありますよね。昨夜の私は「どうしてもトム・
ヤム・クン!」が飲みたかったのです。一度思うと、こういうスパイシー系のものは気持ちが治まることはありません。ちょうど必要なハーブはあったので、具材はあるもので・・・と作りました。
       002 (63)
 レモングラス・バイマックルー・カー・唐辛子、そして海老・・・残念、キノコがありません。あらあらマナオも一個では酸味が足りず・・・ということで冷蔵庫から出てきたお助け野菜はズッキーニ・
アスパラ・トマト(タイの酸味が強く崩れにくいもの)。
全て結果オーライ♪ 逆にお野菜もたっぷりいただけて大満足の出来上がりでした。
       003 (63)
 使ったナム・プリック(調味料)は一番右端のコチラ。カップ3杯の水分に大ヒ1で旨みもコクもバランスよくでてきます。。。とこの文章を書きながらもまた飲みたくなってきました。
今日のお昼は「トム・ヤム・クン麺」で決まり♪
       004 (63)
 ちなみに先に用意していましたご飯は「黒豆ごはん」。トム・ヤム・クンと一緒に食べることになるとは思っていませんでしたが。
       005 (63)
 豆の香ばしさが際立つこのご飯は京都の先斗町で食べたお雑炊での感激を思い出す美味しさ。あの雑炊には少し焦げ目のついた大豆が入っていました。お焦げご飯やお茶漬けの中のお煎餅、ああいう風味ってなんだか日本人はホッとさせられるのですよね。
       006 (63)
| タイでの料理 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。