12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-30 (Mon)
 20才の頃、バジルの香りで目覚めたくて枕元の出窓で育てていたバジル。低血圧でボンヤリした朝も葉っぱを千切って香りを嗅ぐと、まるでヨーロッパの田園に訪れた様な幸福感が漂い、
幸せな気分に浸れたものでした。
 スーパーでバジルの山を見ながらふとそんな時代を思い出し、数種のバジルを手に取り「ジェノベーゼ・ソース」を作ることに♪
       070 (63)
 パルメザンチーズと松の実(ちょっと焦げたのもご愛敬♪)、白ワイン・・・と私はシンプル派。
072 (7662) 066 (6362)
出来たてのソースはパスタを湯がいていただきましょう。そこで忘れてはならないのが大好物な黒オリーブ♪ これでも見た目ではちょっと多めな感じですが、実際はまだまだ足りず、結局缶ごと食卓へ。
 さあ目をつぶったらプロバンスに一っ飛び♪
       107 (63)
  分量: バジル(数種合わせて) 10束
       パルメザンチーズ     60g
       白ワイン           50cc
       黒オリーブ(刻み)     3粒分
       黒オリーブ (ホール)   好きなだけ
 (ニンニク・塩・こしょうはお好みで。私はオリーブの塩分だけで満足)
 残りはオリーブオイルを表面にかけて保存。また今度いただきます。
| タイでの料理 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。