123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-28 (Tue)
             【サオ(柱)・チンチャー(ブランコ) 
 こちらは嘗てバラモン教の祭事に使われた高さ21mの鳥居型ブランコ。下に見える車との比較でもその大きさを見てとれます。ラマ一世の命により1784年に建てられたこのブランコは、一年に一度地上に降り立つと信じられたシバ神とヴィシュヌ神の祝いの儀式に使われました。
       127 (63)
 その儀式とは、この巨大なブランコに乗ったバラモン教の司祭が地面と水平になるまで揺らされて、その上から鳥居の端に吊るされた金の袋を口でくわえて取ったのだと。
そんな危険なことができるものなのかと想像だけでも恐ろしく感じますが、やはり事故も絶えなかったとのこと。今はその名残の塔だけがここに残されています。
世の中にはいろんな宗派と儀式があるものですね。
128 (6362) 131 (6362)

 サオチンチャーの祭事の様子はこちらの壁画をどうぞ : ブランコ祭事
| タイの寺院 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。