12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-31 (Sun)
      【 ดอกมะลิ ドック(花)マリ(茉莉) ~ Arabian jasmine ~
        ( 学名 )Jasminum sambac (double)  ( 別称 )アラビア ジャスミン

 ジャスミンのお花には様々な品種がありまして、日本人の馴染み深いジャスミンは蔓状の茎の先端にほっそりとした形状で単咲きの花を沢山つける「羽衣」という品種ですが、実はこんな
まん丸で可愛らしい八重咲きのジャスミンの花もあるのでした。
この球形と半八重がタイでは主流なジャスミンの品種で、お寺のお供えの花に使ったり、半八重花はお茶の香付けにも使われてるのだとか。
       277 (63)
 花に顔を近づけるとほんのりと甘く酸味もあり、とても優しい穏やかな香り。同じジャスミンでも道端でお寺のお供えを作る半八重の蕾のシャープな香りとは違います。
後日部屋に飾っていると、乳白色な花びらの淵が次第に小豆色に染まり、静かに別の顔をも
覗かせてくれて。こういう柔らかい香りと優しい形の花、とっても好きです♪
(左下の大きな花は「クチナシ」。茉莉花を包んでいるのは「バナナ」の葉っぱです。可愛らしく瑞々しくとってもエコ)
       275 (63)
 こちらはペニンシュラのタイ料理レストランで受けましたタイハーブティーのレクチャー風景。
実はこちらで初めて八重咲きのジャスミンの花を見せていただいたのです。

 日本で飲んでいたハーブティーはハイビスカスやカモミール、柑橘系果物程度で、バンコクに
参りましてからも初めはこうしたタイの飲み物にまでは興味が至っておりませんでした。
しかし今年になって様々な場所でタイ伝統医療やハーブについてのレクチャーを受ける内、次第に興味も湧き少しずつ試しはじめていたもの。
034 (6362) 038 (6362)
 バンガローの様な建物でゆったりと外の風に吹かれ、時折スコールにも合いつつ蒸し暑さも
肌で感じ、またカラリと晴れ渡る空も臨み・・・そんな自然に触れながらの飲み比べは、
自分の感覚も開放的になりとても愉しいもの。
それぞれの効能は嘗て自分が学んだものと重なるものもあれば、アーユルベーダーの流れを汲んだのであろう内容もあり、興味深いひと時でした。
052 (6362) 056 (6362)
The Peninsula Bangkok : ~ Thai Tea Appreciation ~ 1,800BTH /人 (2名~)
                           14:00-17:00 Afternoon Tea 付き

 これから少しずつこんな飲み物も暮らしに取り入れて、新たな楽しみを増やしていきたいと♪
| タイのハーブティー | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。