123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-22 (Mon)
         【 ใบไม้(葉っぱ)สี(色)ทอง(黄金) ~バイマイシートーン~
              学名:Bauhinia aureifalia   科:Leguminosea

 突然視界に飛び込んで来たのはこちらの葉。頭上に下がるその葉は全体を黄金色に輝かせ、辺り一面に驚きの光を放っていました。こちらはノンチャブリー県にあるタイ保健省科学医学部構内の一角、タイ全土から集めた貴重なハーブの研究栽培ハウスの脇に蔓を高く張り巡らし絡まっていました。
       050 (-63)
 近寄って見ると葉の表面には柔らかな黄金色の毛が全体を覆い、その一本一本がタイの照りつける熱い日光を反射し見事な美しさ。
       051 (-63)
 この植物は1988年にタイの最南部(マレーシアとの国境に面す)ナラーティワート県の「Khao Budo-Sungaipadi国立公園」内にてデンマークの植物学者によって発見され、89年に北欧の植物学誌に発表され世界の知ることとなったもの。
“善人の住む地”との意味を持つナラーティワート県は県民の82%がイスラム教徒で、仏教徒はわずか17%ほど、また宗教のみならず使用される言語もタイ語のほかに“ヤウィー語”というマレー語に似た方言が用いられる独特の文化の地。自然も多く残されているため王族の宮殿も建てられ現国王も度々訪れる土地なのだと。
       049 (71)
 ใบไม้สีทองの葉の色は三色「黄金」と「ブロンズ」、「レッドゴールド」があるそうで、二種ある形はハート型と卵型のどちらも愛らしい姿から、ネットでも「世界で一つのミラクルな黄金の葉」
などと呼ばれたり、”健康と幸運を運ぶ葉”と謳われていました。
       108 (6-5)
 若葉はまず葉脈から金色の毛が生えはじめ、次第に全面へと広がる様です。
       052 (63)
 今日はこんな貴重な植物にお目にかかれとてもいい気分です♪
| タイの花 | COM(1) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。