12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-02 (Thu)
 タイの寺院の周辺には必ずお供え用の「プアン・マーライ」という花輪を販売しているところが
あります。これは目上の方への御礼などにも使われるものですが、先日スラサックにあります
ヒンドゥー教寺院の脇で随分特徴的なプアン・マーライがありましたので一緒にご覧下さいな。
       060 (63)

       062 (63)
 手前の大きな毬の様な花は蓮花。それを支えるのは白く細かいジャスミンの花。この花だけで辺りが甘い香りに包まれます。
       071 (63)
 バナナ、マナオの実、サトウキビや飲み物もお供え品。
       063 (63)
 仏様の袈裟の色と同じ黄色い花「マリーゴールド」はいつでも人気のお花。
             065 (63)
 お値段は20cmくらいのもので20バーツ、一番長いものは250バーツ位でした。これも神様への仕事。この暑さで萎れないように優しく丁寧に霧吹きで水をかけ手入れをしながら、新しい花輪を作り続けていらっしゃるのでした。
       069 (63)
| タイの花 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。