123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-06 (Mon)
 タイの東北部イサーン地方のルーイ県で開催される「ピーターコン(精霊祭り)」。
この地の主食である「カオニャオ(もち米)」の豊かな収穫と子孫繁栄を祈願し、毎年雨季である6・7月のお告げのあった3日間、人々はもち米を炊く籠を仮面にして街中を練り歩きます。
       kazuminn3 (63)
 また別の言われもありまして、仏陀は10回人間界に生まれ変わり人生の修行と徳を積み、
やがて悟りを開いてお釈迦様へとなるのですが、その9回目の人生において森に追放された
王子(仏陀)が帰国を許され、晴れて街まで戻る際に付き添った森の精霊行列をも表しているのだと。
       kazuminn1 (63)
 仮面の上部、両脇のそり上がるこの独特な形がイサーン地方特有の籠の形。食事の支度時には各家庭のかまどには炊きあがったもち米から湯気の上るこの籠が並ぶのです。
        kazuminn2 (63)
                           ( Special thanks 写真提供:K-MIN )
| タイの文化 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。