123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-23 (Thu)
 科学院の市場にはいろんなものが並んでいて、お家の近くでは目にしないようなものもあり
覗くだけでも面白いです。そんな中この日目にしたのは「時計草」。
       024 (63)
 薄紫の花びらの内側には無数の” 副花冠 ”という糸状のものが生えていて、とても綺麗。
 ベランダで育てたいけどバンコクでは蚊は大敵で、鉢植えの溜まった水にも注意が必要なので見るだけ見るだけ。
028 (7262) 026 (7262)
 こちらの花の” 副花冠 ”は白から赤へのグラデーション♪
       043 (63)
 ホ~ント綺麗。
050 (6362) 056 (6362)
 さて、家に帰って名前を見ていますとなんと別の発見が。
あの甘酸っぱく美味しいパッションフルーツ、あれって時計草の実なんですね♪ 時計草にも色んな種類があり「クダモノトケイソウ」というのがその品種。白い花びらで副花冠は白と紫色。初めて知りました。
       132 (63)
 この時計草はハーブの本に載っていたので何の効能があるのか調べてみると、実は豊富なβカロテンによる「老化防止」や「高血圧予防」「葉酸摂取」に役立ち、この花のお茶は「不眠症解消」「鎮静効果」などがあるのだとか。すごい植物だったのですね。
                139 (6363)
| タイの食 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。