123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-21 (Tue)
 竹細工の美しさは見ていて時が止まるほど。こちらは商品を作るまだパーツ部分ですが、非常に細かいひごを使って端正に編み込まれており、これだけでももう溜息が出てきます。
       139 (63)
 こちらが寄ったところ。見て下さいな、一つ一つが六角形の花形をしているのです。
       140 (63)
 美しいラインの持ち手をつけて、なんと優雅なシルエットに仕上がっているのでしょうか。バッグを開けると脇のマチは淡いベージュのレース仕立て。どんなご婦人がお持ちになる?
       143 (63)
 長く大切に使える物を・・・と本日私は左の小物入れを購入。指で押さえると軽くしなり、掌に乗せると重さを感じないほど軽量で、繊細でそして優しげな素晴らしい籠細工です。
       164 (63)
 またいつか、この籠作りの様子を見せていただきに伺いたいと思います。
| タイの文化 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。