12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-24 (Mon)
 「今日は天気がいいから川沿いにお出掛けしない?」という電話。BTSサパーンタクシン駅で
待ち合わせをしてホテルの送迎船に乗ります。
RIMG0052 (7063) RIMG0053 (6363)
 確かに驚くほど青い空と白い雲がどこまでも広がる雨季の合間のこんな一日、家の中にいるのはホントに勿体ないですね。
       RIMG0060 (63)
 こちらは最近できたばかりの川沿いホテル。窓際席の目の前に広がる景色も素敵なごちそう
RIMG0059 (8463.) RIMG0080 (6363)
 そして彼女が私をここに連れて来たかったもう一つの理由は、この「ミエンカム」だとか。
そういえば一か月前あたりに私が購入した「ミエンカム」特集のタイの雑誌、タイ語の意味不明なページをお見せして訳してもらったことを覚えていてくれて「この蓮の花びらのミエンカムは載っていなかったから食べさせてあげたかったの~」と。まぁ~ どうもありがとう!
       RIMG0084(63).jpg
 この目にも美しい蓮の花びら、食べられるのですね。葉っぱのミエンカムに比べて花は繊細な食感で、これもまた美味しい♪
お料理は全てビュッフェですがメニューでオーダーする毎に一皿ずつ作ってくれるので出来立てがいただける・・・ 筈でしたが、シェフが張り切ってくださったのかミエンカムの話をしている間に
次から次へと・・・ メニューを見ながら「あれも食べさせたい」「これも」と選んでくれる姿が嬉しくて横で眺めていましたら、テーブルがこんなに!
RIMG0092 (6363.) RIMG0087 (7063)
 デザートはムースにブリュレ。
そして右はタイの伝統菓子。蝋燭で香りつけした甘いココナッツミルクに、氷とピンクのクワイの
入った冷菓。クワイの表面はつるつる中はシャキシャキとした食感は大好きです。そして緑豆餡で作ったリンゴ形の甘味と卵の黄身の菓子。どちらも一口サイズの小さなものですがお茶菓子としては口の中で存在感満点。
RIMG0098 (6363) RIMG0102 (6363)
 そしてこちらはお友達のプレゼント。「あなたお茶が好きだから、珍しいもの見つけたので持って来たのよ♪」と。本当に温かい心遣いに嬉しい限り。
お店の方は快くお湯を用意して下さり、興味津々で皆さま代わる代わる集まっていらっしゃいます(この時間は他の客さまも殆どいらっしゃらなかったですし)。
チャオプラヤー川を眺めながら、こんなに穏やかな気持ちでこのジャスミン茶を飲む日が来るとは思いませんでした。
               RIMG0106 (6363)
 そしてもう一つ。お友達が日本から取り寄せている塩漬けの「桜茶」。
タイの皆さんも本物の桜の花を見るのは初めてのようで大人気。柔らかい桜の味は体の末端
までジンワリ沁みわたるお味。涙線を一瞬刺激しかかった空気も、次の瞬間チャオプラヤー川の水面をピョンピョンと高く跳ね上がる魚・魚・魚に釘付けになっている間に、どこかへ消えていくのでした。 
       RIMG0111(63).jpg
 心の真髄がじんわりと温まるこんな晴れた川岸でした。
     Chatrium Suites Bangkok : 28 Charoenkrung Soi 70, Bangkholame 
         River Barge ランチビュッフェ 580B++

   
| タイの食 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。