12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-25 (Tue)
                 【 小蕪と茎蓮の汁ビーフン 】 
 家でのランチでは麺類がよく登場しますが、本日は葉っぱも元気な一口大の蕪とบัวบก(ブアボック/茎ハス)が手に入ったのでビーフンに。ブアボックはあまり近所のスーパーには出回らず
タラート(市場)には沢山ありますが、なかなかこれのためだけに行くのは面倒なところ。
しかしいただくと根三つ葉のような食感と特徴的な味わいはとても美味しく大好きです。
       042 (63)
 軟らかく煮えた蕪も美味。スープはほんの少し鶏ガラと塩・コショウにして蕪のお味が消されぬように。
034 (6363) 032 (6363)
 ビーフンはこのブランド。
「ผักหวานบ้าน(パックワンバーン)」という北タイの植物のエキスによって黄色く染め上げられた
もの。麺が細いので水の漬け置き時間も僅かで済み便利です。
       045 (63)
| タイでの料理 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。