12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-10 (Thu)
 とある日の17時過ぎ。食材の買い物を済ませた車中、渋滞でどこも道は塞がれ何人もの歩行者に抜かされながらノロノロ進む車窓を何気なく眺めていると、一軒の店じまいの支度が目に入り。それはそれは丁寧な仕事。掃除一つにもその店の誇りが感じられます。
       202 (63)
 使われた什器から、客の座椅子の腰掛まで丁寧にスポンジで磨き、床も素足になって隅々まで磨き上げています。あまりに感動して眺めていたからか、店員さんと目が合うと大きな瞳でニッコリと微笑みながら手を振ってくれました。
201 (7263) 203 (6363)
 ”絶対ここのお店は美味しい!”と確信し、明日の昼御飯が決まった夕暮れでした。
| タイの食 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。