12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-03 (Thu)
 サイアムパラゴンで開かれた「カービング選手権」。昨年は”団体の部”を見学しましたが、今年は”個人の部”大会を覗いてきました。
180 (6363) 178 (6363)
 タイの料理専門学校ではこのカービングは必須科目に入っており、よってここに集まるのもみんなシェフ。ドゥシタニホテルなど市内の有名ホテルから出場するシェフが観客を前にして次々に
作品を彫り進めていきます。
139 (6363) 192 (6363)
 既定の時間内に作品を仕上げることから、彫刻のデザイン、彫りの美しさ、速さ、装飾デザインなどなど採点ポイントは沢山ありそうです。
200 (6363) 162 (6363)
 素材が果物なだけに熟れ具合などでも彫りやすさに響くでしょうしとても難しそう。しかし何より下書きなど一切せずに同じ大きさに彫り上げられる花びらをみていると、その空間のバランス
感覚も素晴らしいものです。
156 (6363) 185 (6363)

 ではではその作品を♪
259 (6363) 221 (6363)

184 (6363) 238 (6363)

239 (6363) 242 (6363)

240 (6363) 214 (6363)

208 (6363) 258 (6363)
 こんなに綺麗な作品を次々眺めると、ちょっとだけでもお習いしてみたいな~なんて気持ちも
少し湧いてくるのでした。
249 (6363)
| タイの文化 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。