12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-28 (Wed)
        【วัดบรมราชากาญจนาภิเษกอนุสรณ์ฯ】
       ( wat boromracha kanchanapisek anusorn
 こちらはタイの仏歴2539年(西暦1996年)現国王の即位50周年を記念し、ノンタブリー県
の慈善団体の呼び掛けにより着工、12年の歳月を経て昨年の2551年3月に完成された
まだ新しき寺院です。一目見て伝統的タイの建築様式との違いを見出すこの寺は、県民の中華系タイ人のために中国明朝の建築様式である故宮を模して造られたのだと。
       239 (63)

238 (6363.) 248(6363).jpg
                    【 彌勒佛 (みろくぶつ)
 姿・形からみると「彌勒仏」というよりもその化身である「布袋さま」の風貌であるこの仏は、中国唐代までのほっそりとしたスタイルに対して元・明朝になるとこのような豊満な体形になるのだと。
釈迦が入滅し56億7千万年後の未来に人々を苦しみから救済しに現れる... と信じられること
から「未来仏」とも呼ばれ、特に一部の華僑の人々にはその未来とは現世だとの解釈もされることから、熱心な信者を集める仏なのだそうです。
       252(63).jpg
 奥に見えるのは【 大雄宝殿 】。
259(6363).jpg 262(6363).jpg
 「大雄宝殿」に祀られるのは【 南無西方阿弥陀佛 】【 南無本師釈迦牟尼佛 】【 南無消災延壽薬師佛 】の三体の巨大な仏像。
       265(63).jpg
 こちらは阿弥陀さま。
275(6363).jpg 270(6363).jpg
 圧倒されるほど至るとこ全てが中華系の建築様式で埋め尽くされています。奥に見えるのは
千手観音の座す殿堂。
296(6363).jpg 295(6363).jpg
 タイでは比較的珍しく思える木彫の千手観音像。
       315(63).jpg
 ふくよかで穏やかな面持ちの仏さま。
       321(63).jpg
 タイにも様々な仏教徒がいらっしゃることを改めて体感したお寺でした。
                340 (6363)
| タイの寺院 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。