123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-12 (Fri)
             【 วัดไตรมิตร(トライミット寺)
 このトライミット寺はBTSフアラポン駅から中華街ヤワラーへの入口付近に位置する寺院。
安置される仏像はおよそ700年前のスコータイ時代に造られたものと考えられています。

       122 (63)
 この緑豊かなタイ国は古くから多くの民族の手を渡り、11世紀には土着のモン族による国家がクメール(カンボジア)帝国によって支配され、12世紀には土着タイ族によって形成されていた複数の小国家が勢力をつけると共にクメール帝国を駆逐し、シ・インタラチットを大王として統一王朝をつくったものの、16世紀には今度はビルマ軍によってタイ北部を侵略されてのち200年もの間属国とされます。

こうした歴史の真っただ中にあったこの仏像は、今から55年前までの長きの間、その漆喰の朽ち果てた姿に人々に気にもかけられない程の扱いで小さな古寺にひっそりと安置されるだけでした 。しかし脚光を浴びたのは寺を移築することとなった時。
仏像をクレーンで運び出したものの思いの外重量のあった仏像をクレーンは支えきれず倒れ、
策に困る人々により翌日まで雨ざらしで放置されてしまった。すると次の日仏像に入ったひびの隙間から黄金の輝きが光を放っており。
110 (6363) 111 (6363)
 中から現れたのがこの黄金仏だったのです。
まさかこの像があの古びた像の中に隠されていたとは知らず、人々は「見かけに捉われず、真実を見ること忘れず」と自らの戒めにと思ったのでした。
       100 (84)
 それにしても純度60%、5.5トンものこの黄金仏がそのままの姿で安置されていたら、必ずやビルマ軍の略奪を免れなかったことでしょうね。
       098 (63)
 この中国正月に向けて新たに建設されたお堂には、仏教の教えを上映する部屋や歴史資料館なども造られていました。
115 (6363) 118 (6363)
 明日からの正月に向けて熱心に祈る華僑の方々。
       112 (63)
   Wat Trimit : 661 CHAREANKRUNG ROAD, SAPUNTHAWONG.
             8:30 ~ 17:00
| タイの寺院 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。