12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-03-24 (Mon)
 バンコクの小路はまだ場所により歩道がなく、車道の脇を実質上”歩道”として緊張して通らなければならないところがあります。
朝の登校時、荷物を小脇に抱え脇を通り過ぎる車と足元を交互に注意しながら歩いていると、仮の歩道のど真ん中に何かが居ます
       RIMG1270 (3)

心臓の高鳴りを押さえ、静かに静かに近づくと・・・
       RIMG1271 (2)

体長約30cm(しっぽの先まで)のトカゲです。大きい・・・頭だけで7cmはあります。
ブルーグレーの体に赤と白の斑点。丸く見開いた目玉は爬虫類特有の緑に光ります。わき腹を鼓動で震わす以外はピクリとも動かず、周りの砂や枯葉の中で辺りの様子を伺っています。
                    【 トッケイヤモリ 】
                 ~ Tokay Gecko ~  トカゲ亜目ヤモリ科
 こんなところで生物に遇うのは初めてです。目の前の工事現場の草むらから追い出されたのでしょうか。しかしこの場所にいてはあまりに危険です。50cm先は朝の通勤ラッシュで車は二斜線いっぱいに走っています。かといってこんなに大きなトカゲは掴めません。
とりあえず学校は二の次。
さあどうやってこのトカゲを無事なところに移動させるか・・・すると一台のモーターサイ(バイクタクシー)のお兄さんが近くに停車し「アライ ナ?(どうした)」
       RIMG1273 (4)

「大きい ヤモリ 大きい大きい ヤモリ!!」叫ぶと、寄ってきて「ああ~トッケイだね」と。
そしていきなり頭を軽く足で踏んで抑えると体を鷲掴みにし、隣の家のフェンスの向こうへ放りました。
助かりました。お礼を伝えると笑顔で走り去るお兄さん。荒っぽいやり方ではありましたが、親切なお兄さんに助けられたあのトカゲ

後に学校で先生に写真を見せたところ、この位大きなトカゲは毒を持っていることがあるのだとか。
なるほど、それで”足”でしたか。確かに怒ったトカゲが開いた口は、一瞬ギョッとする大きさと鋭さでした。この”トッケイヤモリ”鳴声が「トッケイ トッケイ」ということからついた名だとか。
いつか元気に暮らす証に一声聞かせて貰いたいものです

| タイの生物 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。