123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-12 (Fri)
 こう毎日暑くて「気温37℃」と聞くとグッタリしてしまう熱気のバンコクですと、いっそ水でも
被ってマラカスでも鳴らしながら踊り狂いたくなりますね・・・な~んて、そんなお話しではなく。
実はルンピニ公園の門の脇に見つけたこちらの木の話し。
               224 (6385)

          クレスセンティア・アラタ (Crescentia alata)
                ノウゼンカズラ科クレスセンティア属 常緑高木
 たぶんバンコクに数年住んでいらっしゃるお方は一度はご覧になったことのある、幹に大っきな黄緑色の実をつけるこの木。この実こそあの「マラカス」の原料なのですね。
       222 (63)
 それにしても幹からは細い枝も沢山広がっていますのに、何故にこんな太い幹に実を生らすのでしょうか。近寄ってみれば花もイッパイ!・・・ちょっと異様な感じ
       225 (63)
 地面を向いて開く花は下から覗かないと中が見えません。
       204 (63)
 他には見ない珍しい光景。
       205 (63)
 役目をはたして芝生に落ちた花弁の印象的な黄色と小豆色。
                226 (6363)
| タイの花 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。