123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-10 (Sat)
 本日は自然派食品や健康グッズで有名な「Khao Kho Palaypu」店にてのランチで、自社農園栽培の珍しいハーブに出会えた嬉しいものでした。
手前にあるサラダは一般タイ料理。レモングラスがベースとなり豆腐・紫玉ねぎ・干しエビなどが和えられたもの。しかしこの店の特徴はそこに後ろの皿のハーブ全てを混ぜるコト。
咀嚼ごとに様々な香りが生まれハーブ好きにはたまらない一皿で♪
             019 (63)
 こちらがそのハーブ。ピーナッツとニンニクの他、ひと塊りに見える葉物も実は5種類の香菜が。
      028 (63)
              【 ผักแผ่วแดง 】(パック・コム・デーン)
 この紅アマランサスのポリフェノールたっぷりな天然色素は、料理も華やぐ美しさですが
驚くことはその生葉の栄養価。 鉄分はトマト14倍・ホウレンソウ2.4倍、カルシウムはトマト41倍・きゅうり32倍、またビタミンCもトマト2.5倍も含むのだそうで「熱帯のほうれん草」とも呼ばれているのだと♪
       027 (63)
 こちらは【 แป๊งตัมปึง】(ペータムプム)と【 สันผ้าหอม】(サンハーホーン)という名の
香菜。
021 (6363) 025 (7063)
 こちらは【 ผักเผ็ดู】パック・ペット)と【 มิ้น】(ミント)。バンコクでよく見かけるミントは
赤い茎で細かな襞の入った「スペアミント」が主流ですが「ジャパニーズミント」らしきこの葉も一枚で十分な爽快感。
023 (7063) 026 (6363)
 この店ではエビ味噌飯にもこの新鮮ハーブが付け合わせに♪ こちらもご一緒した皆さまにも
好評な一皿でした♪
今まで様々な店でタイ風混ぜご飯をいただきましたが、どれも美味しく
ナムプリック・ト-ン・ルーア)(カーウ・クルッ・ガピ)そんな中で味付け飯の風味に負けない生ハーブの香りを生かしたこの料理は、タイハーブの奥深さをどこまでも楽しませてくれる逸品
でした。
       013 (463)
     KHAO KHO PALAYPU : (HP)
| タイの食 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。