123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-04-20 (Sun)
 ソンクラン後の土曜日出勤、帰宅のダンナさんの手に大きなビニール袋が。
運転手さんからの贈り物、大きな立派なバナナの房。何故・今バナナなのか?ソンクランのお土産か?今はバナナの最盛期???まだまだ分からないことミステリーだらけです。(運転手さんに聞けばよい話ですが!)
     RIMG2264_(2)_convert_20080420124753[1] (画像)

 よく見ると今私の興味のベクトル↑が向いているバナナの偽茎部分(房の根元の円柱部分)がついています。
     RIMG2263_(2)_convert_20080420124920[1] (画像)

 アップがコレ!!東京ではこの部分が付いて販売しているバナナはあまり見かけませんよね。
今度切って中をのぞいてみます。
     RIMG2266_(2)_convert_20080420125022[1] (2)

 ちなみにこの偽茎部分は沢山の果房を纏めるだけでなく、持ち上げてみて気づきました。
大きな房を持ち上げるのに、この部分を指に引っ掛けるとバナナの実を触らず傷めずに簡単に持ち上がるのです。なるほど~
     RIMG2268_(2)_convert_20080420125203[1] (画像)

 さてこの立派な重たいバナナ、どこに吊るして保存しましょうか・・・

後日:一日室内に放置しただけで、この青々とした緑のバナナがあっという間に完熟に!
確かに部屋は暑く、夜中も冷房をかけて暮らしていますが・・・
慌てて冷蔵庫に入れたものの一本が約24cmもある巨大バナナ。冷蔵庫の一段が丸々バナナで埋まってしまいました。
運転手さんありがとう♪お味は大変美味しいです
| タイの食 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。